주요 기사 바로가기

韓国産業通商資源部長官「韓国産高純度フッ酸液、早期生産能力を拡充」

ⓒ 中央日報日本語版2020.01.02 16:32
0
韓国産業通商資源部の成允模(ソン・ユンモ)長官は2日、「材料・部品・装備企業が強固に支える産業生態系を構築して『揺れない産業強国』を実現する」と話した。

成長官はこの日、化学材料専門メーカーの「ソルブレイン」公州(コンジュ)工場を訪問して「昨年7月の日本輸出規制以降、官民が力を合わせて積極的に対応してきた。ソルブレインの高純度フッ酸液の早期生産能力拡充は代表的成果」としてこのように明らかにした。

ソルブレインは日本輸出規制以降、フッ酸工場の新増設を早期に完了して高純度フッ酸(12N)を大量生産できる能力を確保した。12N(99.9999999999%)は溶液にメタルなどフッ酸物が1兆分の1残っている状態で、ディスプレーより相対的に高純度が求められる半導体企業にも納品が可能な水準だ。

これまで韓国半導体・ディスプレー企業は主に日本産高純度フッ酸液を使ってきたが、日本政府が3大輸出規制品目に指定して困難を経験した。これに対し、ソルブレインが国内フッ酸液の需要の相当部分を供給し始めながら供給安定性を確保することができた。

成長官は「非常に高い難易度の精製技術をベースに国内のフッ酸液生産能力を安定的に拡充するために、昼夜を通して心労の多い昨年を送ったソルブレイン役職員の労苦に謝意を表する」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国産業通商資源部長官「韓国産高純度フッ酸液、早期生産能力を拡充」

    2020.01.02 16:32
    뉴스 메뉴 보기
    韓国産業通商資源部の成允模(ソン・ユンモ)長官
    TOP