주요 기사 바로가기

「韓国の独立活動家たちも生やしていたではないか」 口ひげ論争に悔しさ吐露するハリス大使

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.31 08:26
0
ハリー・ハリス駐韓米国大使がトーレードマークである口ひげにこだわる理由を打ち明けた。23日、コリアタイムズ(KT)とのインタビューでのことだが、30日、英紙テレグラフ(The Telegraph)では口ひげの部分に注目して記事を別途掲載した。ハリス大使の口ひげが国際的にも話題になっているようだ。

ハリス大使はインタビューで「軍人としてのキャリアと外交官としての今後の人生を区分したかった」とし「(容貌の面で)差をつけたかったが、身長は今さら伸ばせないし、若返ることもできない。だが、口ひげは生やすことができる。だから生やしただけ」と説明した。しかし同紙は、彼のこのような口ひげが韓国で「礼儀がなく(disrespectful)(韓国を)侮辱するために計算されたもの(calculated slight)だと受け止められている」と紹介した。

これに先立つ13日、国民主権連帯や青年党など一部の反米団体は、ソウル鍾路区(チョンノグ)駐韓米国大使館の前で「ハリス(大使)斬首コンテスト」を開いて論争を呼んだ。元軍人のハリス大使が在韓米軍防衛費分担金の韓国負担を大幅に増やすべきだという要求を何度も明らかにした後、韓国内では批判世論が沸き立った。当時、集会では「植民地総督のように振る舞うハリスを追放しろ」などのスローガンが登場した。一部の過激なメンバーはハリス大使の写真に口ひげを模したものを付け、これを引っ張り抜くパフォーマンスをした。

テレグラフは「米国トランプ政府が最近防衛費分担金を韓国側に大幅に引き上げるよう要求しながら、ハリス大使が多くの非難攻撃(brunt)に耐えてきた」と伝えた。テレグラフはまた、ハリス大使の母親が日本人である点も韓国では批判の対象になっていると紹介した。テレグラフは「(朝鮮を)占領した日本の総督8人全員が口ひげを生やしていた」とし「一部の韓国人はハリス大使の口ひげが植民支配時期を思い出させると非難(accuse)している」と報じた。

関連する論争にハリス大使本人はインタビューで淡々とした反応を示した。ハリスは「私に言えることは、私が下したすべての決定は駐韓米国大使として下したもので、日系米国人大使として下したものではないということだ」と明らかにした。

ハリス大使はインタビューで、一部の反米大学生が今年10月に駐韓米国大使官邸の垣根を越えて無断侵入したことについても口を開いた。ハリス大使は「韓国は活気に満ちた民主主義国家で、韓国国民が積極的に表現する(demonstrative)ことは素晴らしい(wonderful)と考える」とし「しかし、自身の考えを表現するには、政府側であろうと、反政府であろうと、親米であろうと反米であろうと、合法的な方法を選ばなければならないと考える」と話した。

ハリス大使は続いて「私の官邸に侵入し、垣根を越えたことはそのような合法的方法ではない」とし「人々を負傷させかねず、実際に官邸職員の一部が怪我をした」と指摘した。ハリス大使に対する非難世論が一部で湧き上がったのは、大使が11月に国会情報委員長である李恵薫(イ・へフン)議員(正しい未来党)らを官邸に招いて、韓国の防衛費分担金の引き上げを圧迫したということと、同月国会議員に会って「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が従北左派に囲まれているという報道がある」と言及したという報道が出たことを受けてだ。ハリス大使はインタビューで直・間接的にこれに言及した。

ハリス大使は「記録を正したいという気持ちに強く駆られるが(tempted)、李議員との対話は秘密にすることを事前に約束した」とし「残念だが反論はしない」と話した。間接的に李議員の主張に反論したのだ。「文在寅大統領が従北左派に囲まれている」という発言に関連しては、さらに直接的で強い反論を繰り広げた。ハリス大使は「どんな脈絡であろうとも、そのような発言を公的な席でも私的な席でもしたことがない」と強調した。

ひょっとしてハリス大使に口ひげを剃る考えはあるだろうか。答は「ノー(No)」だった。ハリス大使は「口ひげを剃るよう私を説得するためには、この口ひげが我々の(韓米)関係を害しているという証拠を何としても出さなければならない」と答えたという。また「韓国の独立活動家も口ひげを生やしていたが、これについては注目していないようだ」と付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓国の独立活動家たちも生やしていたではないか」 口ひげ論争に悔しさ吐露するハリス大使

    2019.12.31 08:26
    뉴스 메뉴 보기
    ハリー・ハリス駐韓米国大使。口ひげは彼のトレードマークになった。写真は今年7月、中央日報とのインタビューに応じた当時の様子。キム・ギョンロク記者
    TOP