주요 기사 바로가기

【コラム】110カ国の外国人帰化20万人突破…「大韓民国は祝福の地」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.30 09:14
0
外国人が大韓民国の国籍を取得した帰化事例が11月20日基準で初めて20万人を突破した。1957年に当時台湾国籍だったソン・イルスンさんが1948年の大韓民国政府樹立から9年後に初めて帰化したのを基準として見れば62年で20万倍に増加した。

外国人の帰化は2000年まで年平均33人にすぎなかった。2000年までで1494人だった累積帰化者数は2011年1月に10万人を突破し、年平均1万人以上増えるとわずか8年で20万人を超えた。帰化申請者は2014年の1万4331万人から昨年は2万2153人に約55%急増した。帰化許可率は65%程度だ。

それなら果たして世界の何カ国の外国人が韓国に帰化したかが気になり法務部の統計を別に探してみた。実に110カ国に上った。2020年に創立70周年を迎える国連の加盟国が193カ国であることを考慮すると大韓民国がもうひとつの「民間国連」を抱えた格好だ。

韓国の先進インフラと福祉恩恵に便乗するために東南アジアなど相対的に貧しい国から韓国に集まるという先入観と異なり、スイス、スウェーデン、デンマーク、オランダ、ドイツ、フランス、米国、日本など先進国の人々が相当数含まれたのも意外だった。

実際にオランダ出身の30代の女性帰化者は韓国人配偶者と会って結婚し、2人の子どもを産んだ。「北欧の福祉天国」スウェーデンの30代男性も留学時代のクリスマスに韓国人女性と会い、2011年に韓国伝統婚礼式を行った。デンマーク出身男性は「愛する人の国、韓国を愛する」として韓国国籍を取得した。米国出身キース・シャケット元第一銀行副頭取は、「ニンニクとチョングクチャンもよく食べる。韓国でさまざまな情に触れ帰化したかった」と話した。スイス国籍男性の10代の娘も母親の国である韓国を選択した。

もちろん韓国で不法滞在などの問題により「外国人嫌悪」が生まれるほどに否定的な認識があるのも事実だ。実際に2016年に21万人だった不法滞在者は今年10月末には38万人に急増し、年末までに40万人を超える見通しだ。

だが厳しい審査手順を踏んだ合法的帰化者は少子高齢化時代に大韓民国の付加価値を高めるのに黙々と役割と寄与をしている。18日に法務部で模範帰化者選定と祝賀行事が開かれた。国民儀礼、国歌斉唱、殉国烈士に対する黙祷が行われる間、彼らの表情はとても真摯だった。4人の帰化者は胸に手を当て、国旗に敬礼し愛国歌1番をきちんと歌った。

2014年に帰化したネパール出身のチョン・ジェハン(ラジェス・チャンドラ・ジョシ、48)さんは、慶尚北道慶州(キョンサンブクド・キョンジュ)市立の高齢者専門病院で家庭医学科長として働く医師だ。「幸福を分け与える医師」になるという覚悟で高齢者患者を注意深く診療する。彼は「ソウル大学で語学研修を終え家庭と職業を韓国で得た。私に祝福の地であるこの国にさらに役立つ国民になりたい」と覚悟を明らかにした。

ベトナムのホーチミン出身であるト・ウンア(ドティ・タン・ウンア、36)さんは小学生の双子の母親だ。2009年に帰化した彼女は京畿道富川(キョンギド・プチョン)の移住民支援センターで相談チーム長として働く。韓国に滞在する移民者の韓国社会適応をサポートし社会的弱者の福祉のため奉仕している。彼は「初めて韓国に来た時は『パルリパルリ(早く早く)』という単語など文化の違いの克服が大変だった。忍耐と誠実さが韓国人の強みならば、お金だけ見て生きているようなことは短所のようだ」と話した。

帰化韓国人の考えをもう少し詳しく聞いてみるため法務部国籍課のソン・ソヨン課長(弁護士)の推薦を受け帰化者6人にインタビューした。

米国出身のデビッド・リントン弁護士(48)は「韓国社会の最大の強みは有能で機知があふれる韓国の人たちだ。これに対し最大の弱点は国の過度な規制により韓国人にとても多くの制限が加えられること」と指摘し、「韓国人になり所得税率がほぼ2倍になった」と話した。

ソウル大学病院江南(カンナム)センターで医療コーディネーターとして働くウズベキスタン出身のウ・ミダさん(39)は韓流ドラマ『冬のソナタ』を見て韓国を知り、医師である夫と2005年に結婚した。「来年4月の国会議員選挙とその後の大統領選挙に必ず投票したい」という彼女は「今後海外旅行をしながら強力になった韓国人女性のパワーを直接感じたい」と話した。 【コラム】110カ国の外国人帰化20万人突破…「大韓民国は祝福の地」(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】110カ国の外国人帰化20万人突破…「大韓民国は祝福の地」(1)

    2019.12.30 09:14
    뉴스 메뉴 보기
    110カ国から帰化した「新しい韓国人」たちの顔と職業は多様だ。写真左上から時計回りにウミダさん(ウズベキスタン、医療コーディネーター)と息子、デビッド・リントンさん(米国、弁護士)、パク・アルムさん(モンゴル、多文化講師)、チョン・ジェハンさん(ネパール、医師)と娘、ト・ウンアさん(ベトナム、相談チーム長)、ロイ・アロック・クマルさん(インド、教授)。
    TOP