주요 기사 바로가기

安倍首相「文大統領は物腰が柔らかい紳士…頻繁に会うことを期待」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.28 11:20
0
安倍晋三首相が文在寅(ムン・ジェイン)大統領を「言動が柔らかい紳士」と評価するなど、文大統領に対する態度が明確に変わったという報道があった。

28日の朝日新聞によると、安倍首相は前日、テレビ東京の番組で文大統領に言及し「非常に物腰が柔らかい紳士」とし「もっと頻繁に会える関係を作れるとよい」と述べた。

安倍首相のこうした発言は、24日に中国成都で文大統領と15カ月ぶりに正式会談をした後に出てきたものであり、さらに注目される。特に対話を通じて懸案解決のための努力を続けていくことにした首脳会談の雰囲気を生かしたいという意思を表したと解釈される。

安倍首相と文大統領は昨年10月の韓国大法院(最高裁)の徴用被害者賠償判決をきっかけに激しく対立してきた。安倍首相は徴用賠償問題が1965年に締結された韓日請求権協定ですでに解決したと主張し、文大統領は司法府の判断を尊重して被害者中心の解決策を新たに模索すべきという立場を堅持したからだ。こうした両首脳間の見解の違いは両国関係全般に影響を及ぼし、韓日関係悪化のきっかけになった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    安倍首相「文大統領は物腰が柔らかい紳士…頻繁に会うことを期待」

    2019.12.28 11:20
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領と安倍首相が24日、中国四川省成都で韓日首脳会談の前に握手している。[写真 青瓦台]
    TOP