주요 기사 바로가기

韓国外交部「駐韓外交使節への脅迫を憂慮…自制を要求」

ⓒ 中央日報日本語版2019.12.12 16:04
0
韓国の市民団体が最近「駐韓米国大使斬首大会」を開くと発表したことに対し、韓国外交部は12日、「駐韓外交使節に対する脅迫が公開的に行われていることについて憂慮を表明し、自制を求める」と明らかにした。

外交部のイ・ジェウン副報道官はこの日の定例記者会見で「政府はすべての駐韓外交使節に敬意を持って待遇している」とし「政府は駐韓外交使節の身辺の安全および外交公館の保護強化のために万全を期していて、そのために関連機関と緊密に協力している」と述べた。

韓国の国民主権連帯と青年党は13日に在韓米国大使館の前でハリー・ハリス駐韓米国大使を狙った「斬首競演大会」を開くと発表し、物議をかもした。これに対し警察はこの日、過激なパフォーマンス行為や不安感を与える行為の自制を求め、集会制限措置を通告した。

また外交部は、光州(クァンジュ)地域の市民団体が香港市民活動家を招請して全南大で懇談会を開こうとしたが中国総領事館側の圧力で中止になったという疑惑について、「政府としては国内で香港問題に関連する動向に留意している」とし「こうした意思表明や意思疎通が大韓民国の法律と規範に基づいて行われることを期待する。韓中間では必要な事案について意思疎通が緊密に行われている」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP