주요 기사 바로가기

ロシアの不妊夫婦に韓国遠征妊娠が人気…「沿海州だけでも月800組」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.11 15:04
0
多くのロシアの不妊夫婦が人工体外受精(試験管ベビー)手術のために韓国の医療機関を訪れていることが分かった。

ウラジオストクのメディア「ウラドニュース」が最近「韓国での体外受精」という見出しの記事でこのような雰囲気を伝えた。

ウラドニュースによると、沿海州地域だけで1カ月に約800組の不妊夫婦が人工体外受精を受けるために韓国の医療機関を訪れている。

人工体外受精のために韓国に来るロシア人の平均年齢は30歳。彼らの韓国滞在期間は平均3週間で手術にかかる費用は6000ドル(約65万円)だ。

ウラドニュースは、優れた医療スタッフと技術力を備えた韓国のレベルの高い人工体外受精(試験管ベビー)技術がロシアの不妊夫婦を呼び込んでいると分析した。

また、施術成功率はロシアより高いが、韓国の人工体外受精が万能なわけではないと付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP