주요 기사 바로가기

韓国鉄原でまたアフリカ豚コレラ感染2件…全国で計41件に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.07 10:48
0
韓国環境部所属の国立環境科学院は江原道(カンウォンド)鉄原(チョルウォン)葛末邑(カルマルウプ)で発見されたイノシシの死体と鉄原西面(ソミョン)で捕獲されたイノシシからそれぞれアフリカ豚コレラ(ASF)ウイルスが検出されたと7日、明らかにした。死体は5日午前11時ごろ環境部捜索チームが、捕獲個体は鉄原郡捕獲団が4日午後10時30分ごろそれぞれ発見した。これを受け、イノシシからASFウイルスが検出された事例は全国で計41件、うち鉄原は15件に増えた。

鉄原葛末邑で野生のイノシシの死体が発見された地点から10キロ以内では46戸の農家(鉄原郡31戸、抱川15戸)が豚10万5000頭を、西面でイノシシが捕獲された地点から10キロ以内では12戸の農家が豚4万1000頭を飼育している。

農林畜産商品部は野生イノシシからのウイルス検出が確認されると、半径10キロ内の農家と京義道・江原道全体の養豚農家に文字メッセージを送ってASF感染事実を知らせ、農場内部の消毒、柵など遮断防疫施設の点検をするよう伝えた。鉄原郡と抱川市には陽性個体発見地点10キロ内の農家に対し移動制限の措置を取ったほか、農家進入路・周辺道路・近隣河川などを集中消毒し、農場単位の防疫措置を取った。

農林畜産商品部はこの日、鉄原郡と隣接地域の華川郡(ファチョングン)、抱川市に職員を派遣し、地域内の農家を点検して防疫措置が取られているかを把握する予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP