주요 기사 바로가기

【社説】検察捜査官の死を政略的に利用してはならない=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.04 11:33
0
一個人が自らの人生を整理するのは社会共同体に対する怒りや挫折、絶望から抜け出すための極端な選択だとみられる。また悔しいことによって自身の名誉が汚されることを防ぐために死をもって自身の尊厳を守ろうとした事例を私たちは歴史から経験した。そのため、私たちは人格体の死の前で敬けんになるべきであり、彼の犠牲が無駄にならないように社会の構造的問題点を把握して改善するべき義務を持つ。

昨年6月、地方選挙を控えて金起ヒョン(キム・ギヒョン)当時蔚山(ウルサン)市長の不正疑惑を探っていたという疑いが持たれている青瓦台(チョンワデ、大統領府)民情秘書官室特別監査チーム所属だった検察捜査官の死をめぐって政治的攻防が繰り広げられているのは恥ずかしい私たちの自画像だ。特に、検察が警察署に保管されていた捜査官の携帯電話を押収するとフォレンシック(科学技法を動員した犯罪分析)の主体と方法をめぐり検察と警察、青瓦台と与野党が絡まって論議を巻き起こす姿は文在寅(ムン・ジェイン)政府の法治主義の水準を赤裸々に見せる。デジタル分野では世界最高水準だと自賛した検察のフォレンシックを今になって信じられないというのは何を意味するのか。青瓦台と与党は何を隠したいのだろうか。また、警察はなぜこのように行動するのだろうか。捜査官の携帯電話に言えない秘密が隠されていると見るのか。

「わが尹総長」と褒め称えた尹錫悦(ユン・ソクヨル)検察総長に対する限りない信頼がチョ・グク前法務部長官事件を体験しながらわずか5カ月で180度に変わったのはこの政府の偏狭さを見せる。政府与党院内代表という人物が直接出て検察捜査チームに対する特別監察を呼びかけ、フォレンシックの方法まで提示するのは歴代のどの政府でも見たことのない恥知らずな行動だ。また、青瓦台報道官は「業務に関連した憶測や誤解が故人に心理的な圧迫を与えたようだ」「鯨肉事態の点検のために蔚山に行った」というなど、事件の真相を糊塗し得る釈明だけを並べている。青瓦台は捜査官の通話記録まで公開しながらまるで検察捜査に強圧があったかのように主張している。反面、捜査官の同僚は彼が民情首席室傘下の要人から電話を受けて苦しんでいたと相反した供述をしている。

これでも公正と正義の象徴である文在寅政府だと自評することができるか疑わしい。青瓦台民情首席と白元宇(ぺク・ウォヌ)前民政秘書官などが相次いで遺族を訪れて真相究明を約束した。捜査官の突然の死で今回の事件の捜査が難航するかもしれない。

だが、故人の残念な死が韓国社会をもう少し発展させ、同じことが再び起きる不幸を防ぐためには今回の事件の実体的な真実を把握するための徹底的な捜査が引き続き行われるべきだ。政界は捜査官の死を尹総長の牽制など政略的に利用しようとする試みをやめるべきだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP