주요 기사 바로가기

中国人とりこにした韓国の即席めん…韓国製が圧倒的1位

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.01 11:27
0
世界の即席めん消費の40%を占める中国で韓国製即席めんが最も人気を呼んでいるという分析が出された。昨年中国の輸入即席めん市場で韓国は台湾を抜き圧倒的な1位を占めた。

KOTRAが先月30日に明らかにしたところによると、中国の即席めん輸入額は2014年の8386万ドルから昨年は2億4000万ドルに急増し、今年に入ってからも上半期の輸入額が前年同期より13%増えた。このうち中国が韓国から輸入した即席めんは2014年の1515万ドル相当から昨年は1億ドル相当で6.6倍水準に達したと調査された。

KOTRAは中国の即席めん輸入急増について、プレミアム製品を中心に市場自体の成長が続いているためと分析した。KOTRAは「最近中国の即席めん企業は多様な種類、高級化、小包装トレンドに合わせて製品を発売している。中産層の即席めん需要が増えプレミアム即席めんの割合も拡大する傾向」と説明した。

世界ラーメン協会(WINA)によると、昨年の世界の即席めん販売量は1036億食で、このうち38.9%の402億5000万食が香港を含む中国で売れたという。韓国は昨年即席めん総販売数38億2000万食で世界8位にランクされた。

KOTRAは報告書で、「韓国の即席めんメーカーは中国の中産層消費トレンドに注目しプレミアム即席めん市場進出にスピードを出さなければならない。韓国は中国に比べ即席食品が比較的早くから発達し多様な製品ラインを保有しているだけに若い世代を中心に中国市場進出の新たな機会を探すことができるだろう」と付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国人とりこにした韓国の即席めん…韓国製が圧倒的1位

    2019.12.01 11:27
    뉴스 메뉴 보기
    中国で人気を呼んでいる韓国の即席めん。[KOTRAウェブサイト キャプチャー]
    TOP