주요 기사 바로가기

スーパー台風19号に日本超緊張…スーパーの食品コーナーから商品消える

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.11 10:31
0
超強力台風19号「HAGIBIS(ハギビス)」が沖縄を経て12日から13日にかけて東京などを強打することが予想される中、日本列島に非常事態に陥った。

10日、日本政府は今年発生した台風のうち最も強力な威力を持っているという点で、台風が通過する一帯の住民に事前避難のほか停電や住宅被害に備えるよう呼びかけている。日本気象庁もまた、この日記者会見を行って被害の予防に万全を尽くしている。

日本政府は、特に台風被害が大きいと予想される千葉県の住民に水、食糧、バッテリーなどを少なくとも3日分、最大1週間分まで備蓄するよう呼びかけた。また、他の地域に避難する場合に備えて自動車の燃料を満タンにして、親戚との非常連絡網を構築するよう勧告した。

一般の電車および新幹線の運行見合わせも考慮されている。JR東海は12日から2日間、東海新幹線東京-大阪間の運行便数を減らすか、運行を見合わせる可能性があると伝えられた。あわせてJR東日本も一般の電車と新幹線の運行見合わせを含めた対策準備を進めている。

一方、SNS上では台風19号に備えるための動きが次から次へ確認されている。国立市をはじめ東京都内のスーパーではインスタントラーメンコーナーをはじめパンや肉が陳列された棚から商品が消えている様子を簡単に目にすることができるという。気象庁によると、台風19号は中心気圧915ヘクトパスカル、最大風速55メートル、強風半径510キロメートルに達する強さが「非常に強い」に分類される大型台風だ。

フィリピン付近で発達して移動期間が短かった台風18号とは違い、19号は高水温海域を東西に横切り、多くのエネルギーを蓄積して北上している。これは2003年9月に韓半島(朝鮮半島)を強打した台風14号と似た非常に強い台風になるものとみられている。

一方、台風19号は12日日中に800~900キロ離れた韓半島(朝鮮半島)に強風など間接影響を与えるとみられている。韓国気象庁関係者は「12日から東海岸や慶南(キョンナム)南海岸、済州道(チェジュド)海岸では、大波によって非常に高い波が海岸道路や防波堤を越えるところがある」とし「施設管理や海岸事故に格別に留意してほしい」と呼びかけた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    スーパー台風19号に日本超緊張…スーパーの食品コーナーから商品消える

    2019.10.11 10:31
    뉴스 메뉴 보기
    都内にあるスーパーの陳列棚から商品がなくなっている。左側からラーメン、肉、パンコーナーの様子。[読者 パク・ヘジョン]
    TOP