주요 기사 바로가기

サムスン電子、インテルからの委託生産量が増加

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.28 15:12
0
パソコンやサーバーの頭脳の役割をする中央処理装置(CPU)市場でライバルのAMDの攻勢を受けているインテルが、今年に入ってサムスン電子への委託生産(ファウンドリー)量を増やしたことが分かった。インテルは主力のCPUの生産能力拡充に注力し、CPU以外のロジックチップは委託生産を増やす考えだ。

部品業界によると、インテルは独自のCPU生産量を確保するため、台湾のTSMC、サムスン電子ファウンドリー事業部、グローバルファウンドリーズ(GF)などにCPUを除いた半導体の委託生産量を増やしている。これら企業は世界半導体委託生産市場で1-3位だ。

最近、ヒューレットパッカード(HP)やレノボなどパソコン製造会社はインテルのCPU納品量不足を相次いで批判した。インテルは20日、ミッシェル・ジョンストン ホルトハウス副社長の名前で謝罪文を発表し、「自社で生産中の品目のうちCPUを除いた他の製品はファウンドリーの利用を増やし、CPUを生産できる生産施設を追加で確保する」と明らかにした。

インテルはこの数年間、設備投資が減少し、市場が期待するほどのCPUを生産できていない。現在インテルのCPU主力工程は14ナノメートル(nm)で、AMDが生産を委託した台湾TSMCの7ナノ工程に比べて遅れている。微細工程が高度化するほどチップが小さくなり発熱量が減るが、AMDはTSMCの7ナノ工程を選択し、自社の慢性的な弱点である発熱問題で画期的な発展を遂げた。韓国でもAMDは今年7-9月期から組み立てパソコン内のシェアが過半を占め、インテルを上回っている。

台湾出身の米国人リサ・スーAMD最高経営責任者(CEO)は2歳の時に親と米国に渡り、マサチューセッツ工科大(MIT)で電気工学を専攻した工学博士。シリコンバレーの女傑と呼ばれ、工学的専門性と企業戦略に優れているという評価を受ける。

AMDの主要パートナーの台湾TSMCの7ナノ工程は現在、顧客の注文が多く、発注から納品まで1年ほどかかるという。KTB投資証券のアナリスト、キム・ヤンジェ氏は報告書で「サムスン電子はTSMCの生産能力不足による効果が期待される」とし「クアルコムに続いてインテルのチップ外注の可能性が拡大する」と分析した。

サムスン電子は今年4月、「半導体ビジョン2030」でシステム半導体事業競争力の強化に向けて2030年までに133兆ウォン(約12兆円)を投資し、世界1位になるという目標を明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスン電子、インテルからの委託生産量が増加

    2019.11.28 15:12
    뉴스 메뉴 보기
    TOP