주요 기사 바로가기

防弾少年団、「アメリカン・ミュージック・アワード」3冠に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.26 09:49
0
防弾少年団(BTS)が韓国歌手で初めてアメリカン・ミュージック・アワード(AMAs)の3冠にのぼった。今月24日(現地時間)、米ロサンゼルスで開かれた授賞式で「ツアー・オブ・ザ・イヤー(TOUR OF THE YEAR)」「ポップ/ロックジャンルのフェイバリット・デュオ/グループ(FAVORITE DUO OR GROUP-POP/ROCK)」「フェイバリット・ソーシャル・アーティスト(FAVORITE SOCIAL ARTIST)」などの候補になった3部門で全部受賞したこと。昨年新設された「フェイバリット・ソーシャル・アーティスト賞」を受けたことに続き、2年連続で受賞に成功した。

彼らは「フェイバリット・デュオ/グループ」のポップ/ロック部門でジョナス・ブラザーズ、パニック・アット・ザ・ディスコなどそうそうたる候補を抜いてトロフィーを占めた。1974年AMASsが始まって以来非英語圏の歌手が本像を受けたのは今回が初めてだ。2012年PSY(サイ)がニューメディア賞を受けて7年ぶりに新しい記録を塗り替えたわけだ。

日本のファンミーティング日程のために授賞式に参加することができなかったBTSは映像で受賞感想に代わった。ジョングクは「このように重要で意味のある賞を受けて光栄」と話した。RMは「6年半間活動しながら多くの夢が現実になった。皆さんの愛と支持がなかったなら不可能だったこと」としながらファンクラブのARMYに花を持たせた。

アリアナ・グランデ、エルトン・ジョン、ピンク(P!NK)、エド・シーランなどと競った「ツアー・オブ・ザ・イヤー」でも受賞に成功した。ビルボードはBTSが「LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF」のスタジアムツアーで1億1660万ドルの収益をあげたと明らかにした。5月から6カ月間10都市で20回にわたって開かれた巡演は海外歌手で初めてサウジアラビアスタジアムの舞台を飾るなど話題を集めた。RMは映像で「ツアーは終わったが、自身を愛する方法を探すべきだというメッセージは永遠にそばに残してほしい」と明らかにした。

一方、米国3大音楽賞の中で最も権威のあるグラミー賞は来年1月に開かれる授賞式でBTSを受賞候補から除外して「時代遅れ」という批判を浴びた。これについて音楽専門メディアのローリング・ストーンは「ビヨンセより多く売れたBTSの候補指名除外は音楽産業の現実と対照される」として「もうグラミー賞もグローバルに考えるべき時点になったことを認めるべきだ」と指摘した。経済紙フォーブスは「グラミー賞の人種差別は秘密でない。61年の歴史で最優秀アルバム賞を受けた黒人は10人だけで、白人でないという理由で下位ジャンルのカテゴリーに分類された」と伝えた。

AMAsとビルボードがファンの投票を基盤とする大衆性を重視する反面、グラミー賞は全米レコード芸術科学アカデミーの会員投票で行われる。BTSと所属事務所Big Hitエンターテインメントのパン・シヒョク代表は6月、投票会員に登録された。会員システム改編当時、グラミー賞は「ジャンル・職群・人種・性別・年齢など多様な背景を持つ会員を選抜して多様な集団の声を代表する」と明らかにしたが、結局変化を立証することには失敗した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    防弾少年団、「アメリカン・ミュージック・アワード」3冠に

    2019.11.26 09:49
    뉴스 메뉴 보기
    今月24日(現地時間)に開かれたアメリカン・ミュージック・アワードで3冠に輝いた防弾少年団。日本ファンミーティングと重なって授賞式に参加できなかった受賞者は映像で感想を伝えた。[ユーチューブ キャプチャー]
    TOP