주요 기사 바로가기

「日本活動を応援したのに」…故ク・ハラさんの悲報に日本列島も追悼

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2019.11.25 08:42
0
歌手ク・ハラさんの悲報に日本のファンたちも大きな衝撃に包まれている中、故人の冥福を祈った。

24日ヤフージャパンでニュースのアクセスランキングにク・ハラさんの死亡記事が入っていた。ソウル江南(カンナム)警察署によると、ク・ハラさんはこの日午後6時9分ごろ自宅で遺体で発見された。日本のニュースは関連の便りを早く伝えた。ク・ハラさんは現地でグループKARAとソロとして大人気を呼んだ。

日本の大衆はヤフージャパンのコメントを通じて「日本で音楽番組に復帰して今後の活躍を期待していたのに」とし、「活動する裏面では相当苦しかったようだ」と残念な気持ちを伝えた。また「KARAでデビューして活動してきた姿を忘れない。冥福を祈る」「残念だ。まだ活躍できるところが十分なのに」「本当に驚いた。死因が知りたい」「この前に日本で歌う姿を見てほっとしたのに、嘘であってほしい」「震災被害に寄付もして日本と身近に過ごしたようだが、ゆっくり休むよように」など故人の死去を悲しんだ。

ク・ハラさんは2008年、KARAでデビューして『Pretty Girl』『ミスター』など数多くのヒット曲を出した。韓日両国を行き来しながらドラマや芸能番組にも出演した。昨年9月には元恋人であるチェさんと法的訴訟を繰り広げた。裁判に渡されたチェさんは今年8月に開かれた1審で脅迫・強要・傷害・財物損壊などの疑いで懲役1年6月に執行猶予3年を言い渡された。

チェさんの宣告公判に先立って5月には極端な選択を図って病院に運ばれたこともある。その後、意識を取り戻して頑張って活動したいという意志を見せたが、生前に親友だった女優ソルリさんの悲報などで衝撃を勝てずにいたとみられる。警察はク・ハラさんが極端な選択した可能性を念頭に置いて正確な死因と死亡経緯などを調べている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「日本活動を応援したのに」…故ク・ハラさんの悲報に日本列島も追悼

    2019.11.25 08:42
    뉴스 메뉴 보기
    歌手ク・ハラさん
    TOP