주요 기사 바로가기

韓国統一長官、現代グループ会長と対話へ…金剛山施設問題の解決策は?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.14 16:29
0
韓国の金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一部長官が14日午後5時、玄貞恩(ヒョン・ジョンウン)現代グループ会長と会う。

先月25日の北朝鮮の「金剛山(クムガンサン)南側施設撤去」要求以降、南北間の立場の違いが埋まらない中、政府当局が玄会長と会って「解決策」を出すかどうかが注目される。

政府は金剛山撤去問題に関連し▼南北首脳間の合意事項の履行▼財産権保護原則に基づき事業者と緊密に協議して対応策を用意するという立場だ。

現代峨山など金剛山観光関連事業者も政府に優先的に「財産権保護」を要請しながらも、対応方向については政府と歩調を合わせるという意向を明らかにしたという。

したがって政府は金剛山施設撤去問題を含めて今後の発展案の議論のため、ひとまず北朝鮮と会う必要があるという立場だ。しかし北朝鮮側は撤去問題に限定して書面で協議しようと主張している。

こうした中、突破口を開こうと玄会長の訪朝の可能性が提起されている。18日の金剛山観光21周年記念日をきっかけにだ。

ただ、統一部のイ・サンミン報道官は4日、「金剛山観光21周年記念日関連の現代峨山などの訪朝計画は考慮していない」と述べた。しかし解決策を見いだせない状況で玄会長の訪朝カードがまた浮上する可能性も排除できない。

政府は金剛山問題に関連し▼南北当局▼政府・事業者▼事業者・北朝鮮の間の対話が必要だと述べてきた。政府関係者は「金長官と玄会長は政府・事業者間の実務協議レベルの延長線上で会う」とし「全般的な意見を交換する席になるだろう」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP