주요 기사 바로가기

「不買運動の直撃弾」日本ビール、コンビニ納品価格最大30%引き下げ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.05 13:41
0
日本政府の経済報復措置で始まった日本製品不買運動で大きな打撃を受けた日本のビールが、最近の販売不振を打開するために納品価格の引き下げを始めた。

流通業界によると、アサヒビールを輸入するロッテアサヒ酒類は一部のコンビニエンスストアに納品するビール製品の価格を引き下げ、最大で30%も下げたという。納品価格を引き下げたブランドは最も認知度が高いアサヒビールなどロッテアサヒ酒類が輸入するビール。

あるコンビニ業界関係者は「ロッテアサヒ側が供給価格を引き下げたのは事実」とし「我々は本社レベルで割引イベントはしない」と話した。

サッポロビールも最近、納品価格を小幅引き下げた。サッポロビールを輸入するエムズビバレッジはすでに納品価格を調整した一部のコンビニ以外の業者とも調整を進めている。

不買運動の拡散で日本ビール販売が急減したが、国内の雰囲気から販促やセールは難しいという点を勘案すると、このような納品価格引き下げで取引チャンネルを維持しようという考えとみられる。

コンビニなど一線の販売チャンネル事業主が日本ビールを発注しない状況が続くと、「価格を下げるので製品を仕入れてほしい」というメッセージを送ったという解釈だ。ある日本ビール輸入会社の関係者は「かつては日本の本社に月に1、2回ほど発注していたが、今年6月以降は事実上1回しか発注しないほど注文が減っている」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「不買運動の直撃弾」日本ビール、コンビニ納品価格最大30%引き下げ

    2019.11.05 13:41
    뉴스 메뉴 보기
    日本産輸入ビール[中央フォト]
    TOP