주요 기사 바로가기

ロッテグループ副会長、全系列会社に「非常経営体制に転換せよ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.31 11:37
0
ロッテグループの持ち株会社ロッテホールディングスの黄ガク圭(ファン・ガクキュ)副会長が全系列会社に非常経営体制への転換を求めた。また、為替と流動性の危機に対する徹底した備えも注文した。

ロッテグループが31日に明らかにしたところによると、30日に辛東彬(シン・ドンビン、重光昭夫)会長をはじめとする持ち株会社・系列会社の代表と主要役員150人が参加する経営懇談会が開かれた。経営懇談会は最近の経営環境と関連問題を共有する目的で毎年開かれる行事だ。黄副会長は懇談会の本セッションが始まるのに先立ち、参加した代表理事と役員に「未来に対する備えを徹底してほしい」と要請した。最近韓国経済と海外経済の不確実性が深まり、各社それぞれに危機感を持って徹底的に備えてほしいということだ。

この席で黄副会長は、非常経営体制への転換を要請した。彼は「投資の適切性を徹底的に分析して執行し、予算管理を強化して役員社員に率先垂範する姿を見せてほしい。今後発生する恐れのある為替と流動性の危機にも徹底的に備えなければならない」と強調した。

バランスが取れた経営計画策定も注文した。黄副会長は「現実に合致しないバラ色の計画や会社内外の環境ばかり意識した保守的な計画策定は控えてほしい。明確で挑戦的な目標を立て、革新を通じてこれを必ず達成してほしい」とした。このため期間別に徹底したフィードバックを通じて弾力的経営をしてほしいとも強調した。

黄副会長は会社の競争力強化に向けた体質強化についても言及した。彼は「不確実性の時代に過去の成功方式はむしろリスク要素として作用しかねない。製品とサービスの革新と差別化を通じた競争力向上に努力してほしい」と求めた。合わせて未来に備えるためのITとブランド強化にも努力してほしいと述べた。

その上で代表理事の労苦に感謝の意を伝えた彼は、「ともに力を集めて危機を克服していこう」と激励した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ロッテグループ副会長、全系列会社に「非常経営体制に転換せよ」

    2019.10.31 11:37
    뉴스 메뉴 보기
    黄ガク圭ロッテグループ副会長。[中央フォト]
    TOP