주요 기사 바로가기

ドラマ『椿の花咲く頃』、16.9%で自己最高記録を更新

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2019.10.24 11:26
0
ドラマ『椿の花咲く頃』の視聴率が上昇した。

23日放送されたKBS 2TVドラマ『椿の花咲く頃』は12.9%-16.9%の視聴率を記録した。(ニールセンコリア、全国世帯基準)前話の放送分(14.9%)より2.0%ポイント上昇した。

SBSドラマ『シークレット・ブティック』は2019KBOリーグポストシーズン韓国シリーズ第2戦の中継によって欠放した。MBC(文化放送)ドラマ『偶然始まった一日』は3.1%-4.1%で前話の放送分(3.8%)より0.3%ポイント上がった。

『椿の花咲く頃』は偏見に閉じ込められたコン・ヒョジン(トンベク)を覚ます田舎者警察カン・ハヌル(ファン・ヨンシク)の“爆撃型ロマンス”と彼らをめぐるロマンスを描いたドラマだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ドラマ『椿の花咲く頃』、16.9%で自己最高記録を更新

    2019.10.24 11:26
    뉴스 메뉴 보기
    ドラマ『椿の花咲く頃』
    TOP