주요 기사 바로가기

韓国ドラマ『ボイス』が日本でリメーク…『白い巨塔』の唐沢寿明が主演

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2019.05.16 15:32
0
ボイス追撃スリラーで、ジャンルものの新たな地平を切り開いた韓国の人気ドラマ『ボイス~112の奇跡~』(以下、『ボイス』)が日本でリメークされることになった。

2017年に放送された『ボイス』は、犯罪現場のゴールデンタイムを死守しようとする112申告センターの隊員の一刻一刻の緊迫した様子を描くサスペンス・ヒューマンドラマだ。独特の素材と視聴者を魅了する展開で、多くの好評を受けたシーズン1と、OCN歴代最高視聴率(平均7.1%、ニールセンコリア有料プラットホーム全国世帯基準)を保持するシーズン2、今月11日に第1回が放送されて熱い反応を得ているシーズン3まで『ボイス』シリーズは国内で多くのファンを抱えている。

日本リメーク版は『ボイス 110緊急指令室』というタイトルで制作される。日本初の民間放送であり、韓国でも人気を集めたドラマ『Mother』を放映した日本テレビから7月に初放送される。日本現地のプライムタイムである毎週土曜日午後10時に編成が確定し、多くの現地視聴者の注目を引きつけるものと期待されている。

主演には俳優の唐沢寿明と女優の真木よう子がキャスティングされた。ドラマ『白い巨塔』の主人公で、韓国でもよく知られている日本の国民的俳優である唐沢寿明は、正体不明の暴漢によって愛する妻を失い、復しゅう心を燃やす刑事・樋口彰吾役を演じる。真木よう子は微かな音も聞きわけることができる絶対聴感能力で事件の解決に立ち向かうボイスプロファイラーの橘ひかり役で息を合わせる。

演出はドラマ『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』『ドロ刑-警視庁捜査三課-』など人気刑事ドラマを手がけた大谷太郎と久保田充が、脚本はドラマ『絶対零度』シリーズで好評を受けた浜田秀哉がそれぞれ引き受ける。

CJ ENM海外コンテンツ事業国のソ・チャンホ局長は「CJ ENMのトレンディで斬新なプログラムは海外からリメーク問い合わせが多い。その中の『ボイス』はOCN歴代視聴率を記録しただけでなく、ボイス追撃スリラーという独特の素材で海外からも早くから問い合わせが多く、シーズン3を迎えたこの時点に日本リメークの便りを伝えることになり非常にうれしい。日本テレビの『ボイス 110緊急指令室』はプライムタイムでの編成が確定し、今年夏の最高期待作に数えられている」と明らかにした。

日本テレビ関係者は「韓国で大きな成功を収めた『ボイス』を日本でリメークをすることになって非常にうれしい。『ボイス』で見ることのできる、スピーディーなストーリー展開とヒューマニズムに魅力を感じた。韓国原作のオリジナルクオリティ守りながら魅力的なディテールを生かしていきたい。日本の代表演技派俳優がこの作品のために結集している。日本版『ボイス』を楽しんでもらえたら」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国ドラマ『ボイス』が日本でリメーク…『白い巨塔』の唐沢寿明が主演

    2019.05.16 15:32
    뉴스 메뉴 보기
    韓国ドラマ『ボイス~112の奇跡~』シーズン3のポスター
    TOP