주요 기사 바로가기

中東・欧州に「Kビューティー」輸出の道開く

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.22 12:11
0
化粧品輸出を狙うKビューティー企業が忠清北道五松(チュンチョンブクド・オソン)に集まり最新製品を紹介する。

忠清北道は22日から26日まで5日間にわたりKTX五松駅一円で2019五松化粧品ビューティー産業エキスポを開催する。この博覧会は韓国の化粧品メーカーが集まり海外バイヤーと百貨店・テレビ通販MD(商品企画者)に最新製品を紹介する場だ。海外流通網を攻略できない中小化粧品企業がブース賃貸料140万ウォンを払って1日に5~7人のバイヤーと1対1で会い製品を広報できる。一般人はビューティー商店に立ち寄り化粧品や美容機器を購入できる。

今年のエキスポには238社が参加する。東南アジア、中東、欧州など46カ国から来た海外バイヤーと国内バイヤー1000人余りが訪れる。事前に企業・製品情報を得たバイヤーは輸出契約を結んだり直接工場を訪問して製造過程を見ることができる。ビジネス館では1日500回以上の輸出商談が進められる。

2013年の五松化粧品ビューティーエキスポを通じ化粧品、バイオ、ビューティー業界全般を紹介する場を設けた忠清北道は、2015年から企業間取引(B2B)増大を目的に産業エキスポを開いている。LG生活健康、イッツハンブル、キリン化粧品、HNB9、師任堂(サイムダン)化粧品などビューティー関連主要企業が参加し、ビューティー産業をひと目で見られる行事だ。今年は韓国貿易協会が専用ブースを設け、3~4人の職員が常駐して輸出商談と製品許認可手続きを業界関係者に説明する。

行事期間中に五松駅コンベンションホールでは「国際バイオコスメティックカンファレンス」「天然有機農化粧品国際カンファレンス」とイスラム市場進出を支援するハラル認証説明会も開かれる。

忠清北道は化粧品エキスポとともに五松先端医療複合団地近くに86万平方メートル規模の化粧品産業団地を準備中だ。

忠清北道の李始鍾(イ・シジョン)知事は「海外で急速に成長するKビューティーの輸出を支援するために化粧品をテーマにエキスポを開くことになった。五松に化粧品安全管理院やデザインセンター、総合支援センターなど関連機関も誘致したい」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中東・欧州に「Kビューティー」輸出の道開く

    2019.10.22 12:11
    뉴스 메뉴 보기
    昨年開かれた化粧品エキスポで企業関係者らが美容製品を広報している。[写真 忠清北道]
    TOP