주요 기사 바로가기

韓国統一部長官「DMZの非軍事的出入り時は国連軍司令部の許可権補完必要」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.22 10:56
0
統一部の金錬鉄(キム・ヨンチョル)長官が21日、非軍事的性格の非武装地帯(DMZ)出入りに対する国連軍司令部の法的許可権問題について、「制度的補完」が必要だと明らかにした。21日の国会外交統一委員会の国政監査でのこと。この言葉は「軍事的性質の出入りならば国連軍司令部が確認するのは当然だが、それ以外のことは当初の趣旨から外れるのではないか。国連軍司令部が認めなければこれを争う法的手続きも存在しない」という千正培(チョン・ジョンベ)議員(無所属)の指摘への答弁過程で出た。国連軍司令部が鉄道と人的交流など非軍事的分野の通行を妨げているという趣旨で千議員が質問し、これに呼応して補完の必要性を提起したのだ。

金長官は「休戦協定上の条項を見るとこの許可権(DMZ出入りと通過)は軍事的性質に属したものに限定されている。非軍事的性質に属する環境調査、文化財調査、監視警戒所(GP)訪問などに対する許可権の法的根拠が少し不十分だという指摘もある」と答えた。金長官は「これまでDMZ出入り問題、MDL(軍事境界線)通過問題に関連して意見の違いがあった。しかし意見の違いを解消しようと緊密に協議している」ともした。

韓国政府高位当局者がDMZとMDL通過手続きなどを理由に休戦協定の適用改善の必要性を提起したのは異例だ。ロバート・エイブラムス韓米連合司令官が最近、米国が戦時作戦統制権転換後も国連軍司令部を作戦司令部に変えて軍事作戦を指揮しようとしているという「国連軍司令部影響力維持企図」の報道などに対してフェイクニュースとして否定したが、これを契機に鎮まっていた休戦ライン出入り規制をめぐる韓米間の溝が改めて露出したのではないかとの指摘も出ている。昨年韓国政府は北朝鮮に機関車、タミフル(トラックで運送)などを送ろうとしたが、国連軍司令部がそれぞれ期間が差し迫っているとか、対北朝鮮制裁品目(トラック)であるなどの理由で認めず実現しなかった。

この日の国会文化体育観光部国政監査ではサッカー国家代表チームの平壌(ピョンヤン)遠征での「3無(引き分け・無観客・無中継)試合」が主要な質疑対象になった。文化体育観光部の朴良雨(パク・ヤンウ)長官は「平壌サッカーは南北スポーツ史上最悪だ。韓国の選手を死地に追いやった。こんなことで2032年の五輪南北共同開催などがしっかりできるのか」という崔敬煥(チェ・ギョンファン)議員(無所属)の指摘に「私自身もとても気に障り腹が立つ。国民にも申し訳ない」と答えた。その一方で「今回のことは南北サッカーだけの問題ではなく南北交流の問題であり、小さなことに一喜一憂せず歴史の観点からアプローチすべき。耐えながら前に置かれた南北関係、スポーツ問題解決に最善を尽くしたい」とした。

これに対し「共に民主党」の禹相虎(ウ・サンホ)議員は「国連制裁で(北朝鮮側に)現金を払えず中継が失敗に終わった。どうせ中継できないならば無観客でやろうというそうした流れがあったものと理解している。スポーツ分野で別途の対話チャンネルを作らなければならない」と強調した。

国防部の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)長官はこの日国防委員会監査で李承都(イ・スンド)海兵隊司令官の「咸朴島焦土化」発言に北朝鮮が鋭く非難したことに対し「いちいちそんなことに対応する価値はない」と話した。鄭長官は自由韓国党の李柱栄(イ・ジュヨン)議員が「北朝鮮が李司令官を対決狂信者として攻撃した。国防部で反応しなければならないのではないか」と問うと、「とても不適切でとても間違っている」としてこのように話し、「(李司令官の発言に対し)よくやったと言い、ありがたいと言った」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP