주요 기사 바로가기

大韓サッカー協会、AFCに「平壌遠征」遺憾表明

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.20 13:13
0
大韓サッカー協会が29年ぶりの平壌(ピョンヤン)遠征で行われた南北サッカー対決が無中継・無観客で行われたことに対し、アジアサッカー連盟(AFC)に公文書を送り遺憾の意を表明した。大韓サッカー協会は「北朝鮮サッカー協会の非協力は懲戒の有無を検討する事項だと判断される」という意見も伝えた。大韓サッカー協会は18日、「AFCに17日午後公文書を送った」と明らかにした。

大韓サッカー協会は公文書を通じ、「今回の対戦で北朝鮮サッカー協会の協力が円満に行われなかった。特に大韓サッカー協会が代表チームとともに数回にわたりメディアと応援団の入国協力を要請したが関連事項に対する協力がなかった」として遺憾を示した。

またFIFA倫理綱領14条(中立の義務)「各国協会と大陸連盟は政治的に中立を維持し、それぞれの機能に合わせた任務を遂行しなければならない」と、AFC試合運営マニュアル(33.2)「ホーム試合開催国では試合のために訪問するチームとメディア、応援団などに対しいかなる差別もなくビザを受けられるよう保障しなければならない」という条項を挙げ、「これなのに北朝鮮サッカー協会は必要な支援をしなかった」と指摘した。

大韓サッカー協会は「北朝鮮サッカー協会の非協力は通常の状況ではAFCが適切な懲戒の有無を検討するほどの事項と判断される」としながら今回の対戦に対し遺憾を表明し、今後の再発防止に向けたAFCの努力を促した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    大韓サッカー協会、AFCに「平壌遠征」遺憾表明

    2019.10.20 13:13
    뉴스 메뉴 보기
    大韓サッカー協会が18日、AFCに公文書を発送して遺憾を表明した。[写真 大韓サッカー協会]
    TOP