주요 기사 바로가기

量子ドットOLEDにサムスン13兆ウォン投資

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.10 11:48
0
サムスンが忠清南道牙山(アサン)の湯井(タンジョン)ディスプレー生産ラインに約13兆2000億ウォン(約1兆1900億円)を投資する。サムスン電子が今まで研究してきた「量子ドットディスプレー」に対する追加の大型投資が軸となる。

業界によると、サムスンディスプレイは10日、牙山湯井事業場で李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長、李東燻(イ・ドンフン)サムスンディスプレイ社長ら役員と政府関係者が出席した中、大規模な投資計画を発表する。

今回の投資を通じてサムスンは湯井液晶(LCD)ラインの一つ(L8-1)を次世代ディスプレーの「量子ドットOLED」(QD-OLED)に転換する方針だ。ラインの転換に約10兆ウォンの費用がかかり、残りの3兆2000億ウォンは研究・開発(R&D)に投資する。

サムスンは今まで量子ドットが自ら光を出すQLEDに進む中間段階と見なされる「QD-OLED」技術を研究してきた。QLEDは発光層が量子ドット(2-10ナノメートルの大きさの半導体結晶)で構成されていて、光源が必要ないディスプレー素材だ。現在サムスン電子が販売するQLEDテレビはLEDバックライトに量子ドットを塗った後、液晶(LCD)パネルと結合する形態だ。

今回投資するQD-OLEDは青を自発光OLED素子で構成した後、その上に量子ドットを塗った赤・緑のカラーフィルターを付け加える技術。白(W)OLED素子に赤・緑・青(RGB)カラーフィルターを載せたLGのW-OLEDとはやや異なる。

李副会長は今年8月26日、サムスンディスプレイ牙山事業場を訪問し、「いまLCD事業が厳しいからといって大型ディスプレーをあきらめてはいけない」とし「新技術開発に拍車を加えて、近づく新しい未来をリードしなければいけない。技術だけが生きる道」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    量子ドットOLEDにサムスン13兆ウォン投資

    2019.10.10 11:48
    뉴스 메뉴 보기
    サムスンディスプレイ牙山(アサン)キャンパス[写真 サムスン電子]
    TOP