주요 기사 바로가기

LGエレクトロニクスまた訴訟へ、欧州3社を冷蔵庫特許侵害で提訴

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.26 14:42
0
LGエレクトロニクスが24日(現地時間)、独ミュンヘン地裁に欧州家電企業3社を相手取り冷蔵庫関連の特許侵害禁止訴訟を提起したと25日、明らかにした。今回の訴訟の相手はArcelik、Beko、Grundigで、すべてトルコのコチグループの系列会社だ。これら会社は欧州で主に生活家電を販売している。

問題になった特許はLGエレクトロニクスが両開き型冷蔵庫に採択した「ドア製氷」技術で、製氷機と氷保存容器、氷を移すモーターなど製氷関連部品を冷凍室のドア1カ所に配置した独自の技術だ。従来の両開き型冷蔵庫の場合、これら部品が冷凍室のドアではなく内部に配置され、空間を効率的に使用するのが難しかったが、「ドア製氷」技術で空間の活用を大きく高めたというのが、LGエレクトロニクス側の説明だ。

LGエレクトロニクスは昨年Bekoに警告状を発送し、Arcelikとも数回の特許交渉をしたが、満足できる結果にはいたらず、結局、特許侵害の疑いがある3社を提訴した。これに関連しLGエレクトロニクスは6月、GEアプライアンスとはライセンス契約を締結し、プレミアム冷蔵庫にドア製氷関連特許を使用できるよう認めた。

LGエレクトロニクスのチョン・センギュ特許センター長(副社長)は「激しいグローバル競争で莫大な研究開発(R&D)費を投入してライバル企業との差別化を図っているだけに、トップ企業として特許無断使用に強く対応するしかない」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    LGエレクトロニクスまた訴訟へ、欧州3社を冷蔵庫特許侵害で提訴

    2019.09.26 14:42
    뉴스 메뉴 보기
    両開き型冷蔵庫ドア製氷システム[写真 LGエレクトロニクス]
    TOP