주요 기사 바로가기

【時論】教授らが時局宣言に出た理由=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.26 09:55
0
韓国の教授らが時局宣言に出たのはチョ・グク法務部長官の任命で大きな混乱に陥った現状況を国家的危機だと認識しているためだ。偽資格を作って子供の入試に使ったという疑惑がもたれている「金箸とスプーン(裕福な家に生まれた人)」出身の教授夫婦と知人教授が助け合いをするかのように特別優遇でインターン機会を与えて偽証明書を乱発し、韓国社会に残った最後の階層間移動の「はしご」である入試制度を悪用した。

大学の存在理由の一つは新しい知識の創出だが、これは構成員が互いに信頼して規則を守る真実性の自律施行の上でのみ可能だ。ところが、資格のない著者の名前を載せた「知的詐欺」を犯した人々も、寄与もしなかった無資格の高校生が第1著者として登録されても沈黙して研究倫理を捨てた共著者なども研究者や教授だ。

韓国大学が国際的ジャーナルに論文を書いて研究中心に移り始めたのは最近のことだ。韓国経済が先進国の知識仲介だけで大学の役割を正当化することが難しい段階に移転したためだ。多様な入試制度を考案したことも多様な才能を画一的な基準として裁っては個人の幸せをもたらすことができず、グローバル競争でも生き残ることができないという認識によるものだった。このため、大学の自由と自律性が拡大されるべきで、これは真実性と透明性という倫理的土台の上でのみ成立される。ところが、これを蹂躪した当事者が社会的処罰でなく権力の中心に立とうとしている。これは大学と学問世界の土台を崩すことであり、大学はもちろん大韓民国の未来をあきらめることでもある。教授がチョ長官任命に対する警告に出た最初の理由がそれだ。

時局宣言のもう一つの理由は文在寅(ムン・ジェイン)大統領に民主主義が深刻な危機に直面しているということを抗弁するためだ。大韓民国憲法は3権分立の原則に基盤を置く大統領制を採択している。国会の本源的機能は行政府のけん制と監視だ。しかし、与党である共に民主党は国会の本質的機能を捨てたまま政権の護衛武士に転落して憲法の基本秩序を蹂躪している。文大統領は「確定した違法行為がない」ということをチョ長官の任命の弁とした。だが、これは大統領が指名した候補者は聴聞会の結果と関係なく任命が可能だという話にほかならない。聴聞会の法の趣旨を根本的に否定することだ。文大統領は以前の政府とは比べられないほど多数の長官級要人を国会の聴聞報告書採択や同意なしに任命したが、これは文政権が歴代どの政権より「帝王的大統領」になったためだ。

教授が集団的意思表明をするしかなかった、もう一つの理由は文政府が社会統合をあきらめてむしろ国民的葛藤を利用して政権を支える政治資産化しているためだ。チョ長官の任命を押し切った大統領やこれを擁護する権力周辺知識人の詭弁は陣営論理ではなくては説明にならない。政治的反対者などを容赦なく切ってきた匕首は、それよりもっと自身らの積弊と偽善・違法を「改革のための決断」としながら擁護する称賛の盾に急変した。検察改革がチョ・グクという一個人によってのみ可能であれば、それはすでに制度改革でない。政治的理解が道徳的基盤と良識の上に立つことになれば国民的エネルギーを結集できない。

韓国の教授らは文政権以降続いてきた高齢者・中高年層のすさまじい絶叫を冷遇することができなかった。夜を明かして研究する弟子らと若い教授が痛ましくて沈黙できず、時局宣言に出たわけだ。チョ長官の任命強行は「一つの社会」であることをあきらめ、国家としての道徳的基盤を破壊した悪い先例を残したことであり、何より国の利益より政権の利益を前面に出した悪い決定だと信じているためだ。

イ・ビョンテ/KAIST経営学科教授

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP