주요 기사 바로가기

トランプ氏「北朝鮮の途方もない潜在力の実現に向けて必ず非核化が必要」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.25 07:49
0
ドナルド・トランプ米大統領が24日(現地時間)、北朝鮮に向かって「米国の目標は和合であり戦争でない」と話した。トランプ大統領はこの日午前、第74回国連総会で「米国はどの国とも紛争を追求していない」としながら不可侵の立場を明らかにした。彼は「金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長に北朝鮮が途方もない潜在力があるが、これを実現するには必ず非核化をしなければならない」としたと強調した。

トランプ大統領はこの日、35分間の演説で北朝鮮に「米国は本当に平和を追求するすべての国と親善関係を結ぶ準備ができている」と話した。また「今日の多くの米国に最も近い友邦は過去の最も大きな敵だった」として「米国は永遠の敵があるとは絶対に思わない」と付け加えた。

また「誰もが戦争はできるが、最も勇敢な人だけが平和を選択できるということを米国は分かっている」として「同じ理由で米国は韓半島で大胆な外交を追求している」と話した。さらに「私は金正恩委員長に私が本当に信じていることを話した」として「イランのように北朝鮮は開発されていない大きな潜在力があるが、その約束を実現するには北朝鮮は必ず非核化をしなければならない」と強調した。

トランプ大統領はこの日の演説で「米国の目標は永続と和合であって限りない戦争に飛び込むことではない。戦争は絶対に終わらない」と北朝鮮とイランに向かって繰り返して不可侵の意志を明らかにした。「米国は他の国とも紛争を追求していない。米国は平和と協力、皆の相互利益を念願している」とも述べた。北朝鮮の非核化と安全保障に関連したトランプ大統領の演説に北朝鮮の金星(キム・ソン)国連大使が注意深く聞いている姿もカメラに捉えられた。

トランプ大統領は同盟に向かっても文在寅(ムン・ジェイン)大統領と前日に行った韓米首脳会談で防衛費分担金の増額を強調した。「米国はすべてのパートナーが公正な防衛費分担金を支払うことを期待するという点を明確にしている」とも述べた。

トランプ大統領はこの日の演説で異例に中国の不公正貿易を強く非難した。彼は「中国の2001年世界貿易機関(WTO)の加盟承認は完全に間違った決定という判明が出た」として「中国は約束した改革を採択することを拒否しただけでなく、巨大な貿易障壁と大規模の国家補助金、為替操作、ダンピング、強制技術の移転、知識財産権・営業機密の侵害に依存する経済モデルを維持してきた」と非難した。

彼は米国の半導体企業「マイクロン」の特許侵害事例もあげた。「中国国営企業が85億ドル(約9000憶円)に達するマイクロンの半導体設計を盗んでほとんど同じ特許を取得した」として「その結果、マイクロンは中国で製品販売が禁止された」と指摘した。トランプ大統領は「私はこのような不当な慣行に対抗し、米国に中国輸出品5000億ドル分に関税を課し、それは対中関係でバランスを取り戻そうとする意志」と話した。また「香港事態を鋭意注視している」として「中国が香港市民の自由と民主主義を保護する香港返還協定を履行することを期待し、偉大な指導者である習近平国家主席を信じている」と話した。

トランプ大統領は2017年、2018年の演説で「米国優先主義」のドクトリンを強調したことに続き、今年の演説でも再び「国家主義」を強く擁護した。「あなたが自由を望むなら、あなたの国に自負心を持ちなさい。民主主義を望むなら、あなたの主権を守りなさい」として「平和を望むなら、あなた祖国を愛しなさい」と話した。「未来は国際主義者(globalists)のものでない。未来は愛国者(patriots)のものだ」とも述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    トランプ氏「北朝鮮の途方もない潜在力の実現に向けて必ず非核化が必要」

    2019.09.25 07:49
    뉴스 메뉴 보기
    北朝鮮の金星国連大使が24日、トランプ米大統領の演説を傾聴している姿がカメラに捉えられた。[ユーチューブ キャプチャー]
    TOP