주요 기사 바로가기

<韓米首脳会談>文大統領「トランプ大統領の決断力に驚く」 トランプ大統領「私でなければ戦争」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.24 09:14
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領とトランプ大統領の9回目の韓米首脳会談が23日午後(現地時間)、ニューヨークのインターコンチネンタルバークレーホテルで開かれた。

文大統領は冒頭発言で「第3回米朝首脳会談を準備するための米朝間の実務交渉が近いうちに開かれることを期待する」とし「第3回米朝首脳会談が開催されれば、おそらく韓半島(朝鮮半島)非核化の新しい秩序が構築される非常に世界史的な大転換、業績になると信じる」と述べた。「トランプ大統領の板門店(パンムンジョム)訪問は行動で平和を見せる世界史的な場面だった。トランプ大統領の想像力と大胆な決断力に驚かされる」とも語った。

また文大統領は「トランプ大統領と一緒にする間、韓米同盟は非常に偉大な同盟に発展している」とし「韓米FTA(自由貿易協定)改定交渉が成功し、多くの企業が米国に対する投資を増やしている」と伝えた。続いて「今回の訪問の機会にも米国のLNGガスに対する韓国の輸入を追加する決定があり、韓国自動車業界と米国の自動運転企業の共同投資が行われることになったが、これらすべてが韓米同盟をさらに発展させるものだと信じる」と話した。

トランプ大統領は冒頭発言で「私たち2人は非常に長い間、友愛を共にしている関係であり、両国間の関係にもかなり多くの進展があった」とし「北朝鮮に関連してもきょう話をする考えであり、韓国が米国の軍事装備を購入する大きな顧客であるため、その部分についても話をすることになるだろう」と述べた。

トランプ大統領は現場で米国記者との問答を通じて北朝鮮に対する考えを追加で明らかにした。トランプ大統領は「金正恩(キム・ジョンウン)委員長との関係も非常に良い。制裁は増えたが、人質と米国将兵の遺骨も送還された」と話した。また「我々が感知できる範囲で北朝鮮の核実験も長期間にわたり実施されていない」とし「私が大統領でなかったとすれば北朝鮮と戦争中だろう」と語った。

北朝鮮の短距離ミサイル保有および発射実験についてトランプ大統領は「(北朝鮮のほかにも)多くの国の多くの人たちが短距離ミサイルを保有している。北朝鮮の短距離ミサイル発射を特別だとは考えない。北朝鮮との特別な議題でもなかった」と述べた。

予定よりやや遅い午後5時30分ごろ始まったこの日の首脳会談は6時35分に終わった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <韓米首脳会談>文大統領「トランプ大統領の決断力に驚く」 トランプ大統領「私でなければ戦争」

    2019.09.24 09:14
    뉴스 메뉴 보기
    国連総会出席のため米国を訪問中の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が23日午後(現地時間)、ニューヨークのインターコンチネンタルバークレーホテルでトランプ大統領と首脳会談をしている。 [青瓦台写真記者団]
    TOP