주요 기사 바로가기

LGの攻撃にサムスン反論「モノクロテレビの時の基準を掲げるのか」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.18 10:29
0
LGエレクトロニクスがテレビ技術説明会を終えたそのわずか3時間後の17日午後2時、サムスン電子もソウル牛眠洞(ウミョンドン)研究・開発(R&D)キャンパスで同じ性格の説明会を開いた。この日の説明会は当日午前8時30分ごろに出入り記者団に公示されたほど慌ただしく開かれた。8Kは画素数が縦横7680×4320で現存する最高の画素数だ。

サムスン電子開発陣は取材陣約150人の前でサムスン「QLED 8Kテレビ」とLG「有機EL8Kテレビ」を並べて設置した。米国日刊紙を撮影した高解像度イメージファイルを1台のテレビに同時出力した後、取材陣に比較させた。

サムスン開発陣は「1927年に作られたCM(Color Modulation)はモノクロテレビの解像度評価のときに使っていた基準で、8Kのような超高解像度ディスプレーを評価する時には適していない」と反論した。現在のサムスン電子はテレビ性能評価の時にCM値を別途測定しないという。

サムスン電子のヨン・ソクウ映像ディスプレー(VD)事業部常務は「8K画質はCMで判断するのではなく、明るさやカラーボリュームなど別の光学的要素と画質処理技術などシステム的な部分が最も適した形で組み合わされなければならない」と話した。

そしてサムスンは自社製作した8Kデモ動画をUSBを差し込む方式でLG有機ELテレビとサムスンQLEDテレビに送出した。LG製品では該当の動画が出てこなかった。サムスン電子によると、LGテレビは8Kコンテンツが入ったUSBを差し込んでも認識できなかったという。

サムスンはQLEDに対しても擁護に出た。これまで相当数のITコミュニティでは、サムスンが自発光素材である有機発光ダイオード(OLED)を使っていないのにQLEDという名称で消費者を誤解させているという批判が多かった。サムスン電子VD事業部戦略マーケティングチームのチョ・ソンヒョク常務は「今年、QLEDが500万台以上売れると見込んでいるが、QLEDにしろOLEDにしろ、結局は消費者が選択する問題」とし「サムスンのQLEDはLCDにすぎないというが、QLEDは量子ドット粒子にメタル材料をコーティングしてカラー表現を最大化した」と説明した。

この日、サムスンの説明会では半分以上が8Kの説明に割かれた。ただし、8Kは来年の東京夏オリンピック(五輪)にならないと実質的なコンテンツを視聴できない見通しだ。放送会社のうち日本のNHKだけが8K送出装備・技術を保有しているためだ。韓国では地上波が現在一部のドキュメンタリーで4Kコンテンツを供給している。

TV価格もまだ一般消費者の手に届くものではない。LGの88インチ8K有機ELテレビは4900万ウォン(446万円)、同じような大きさのサムスンの85インチ8K QLEDテレビは2390万ウォン(217万円)だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    LGの攻撃にサムスン反論「モノクロテレビの時の基準を掲げるのか」

    2019.09.18 10:29
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン電子が用意したQLED 8Kテレビに映し出した新聞撮影の見本(左)とLGの有機EL8Kテレビに映し出された新聞撮影の見本(右)。キム・ヨンミン記者
    TOP