주요 기사 바로가기

【グローバルアイ】拍手を受けて昇進した金杉氏の空席

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.06 08:13
0
「ご飯を食べたことを話してはいけないのか。大したことではないようだが…」

先月29日、日帰りで韓国を訪問して局長級協議を行って帰国した金杉憲治・日本外務省アジア大洋州局長が後輩の前で独り言のようにつぶやいたという言葉だ。自身と韓国側カウンターパートの金丁漢(キム・ジョンファン)外交部アジア太平洋局長が昼食を共にしたかどうかを韓国外交部が記者団にまともに確認しないことに対してだ。外交部は会見で「日程は合意した部分だけを発表することにした」とし、関連する言及を避けた。日本外務省によると、2人は会談会場のある外交部庁舎からほど近いフォーシーズンズホテルのイタリアンレストランで一緒に食事をした。食事時間まで含めれば2時間30分程度ほど額を突き合わせたという。日本の記者はこのような内容ぐらいは皆知っている。2016年6月から外務省で韓半島(朝鮮半島)外交を管轄してきた金杉局長が3日に発表された外務省人事で外務審議官(経済担当)に昇進した。外務審議官は「事務次官」に次いで、官僚では2番目に高い地位となる。昇進は祝うべきことだが、韓日関係に少しでも関心がある人々の間では「金杉氏が離れた両国関係が心配だ」という懸念が出ている。日本の国益のために働くものの、相手の立場を理解しようと努め、何より両国関係改善に情熱を持っていたためだ。

金杉氏は外務省で最も尊敬を受ける先輩の一人だ。実力も実力だが、自身を低くすることができる人間性のためでもある。外務省内には「いつか金杉局長が駐韓日本大使として来たら無条件でソウル勤務を支援する」という者も何人もいる。毎日のように首相執務室へ呼ばれるほど韓日間対立の最前線に立っていたが、彼は韓国特派員の意見にも耳を傾けることができた。東京大法学部出身が主流の最高エリート集団の外務省内で「非東京大(一橋大)」出身の彼が持つ大きな武器だった。

最近、日本外交界には金杉氏とは逆に人間性のために非難される者もいる。交代が有力視されている河野太郎外相の場合、南官杓(ナム・グァンピョ)大使の話をさえぎっていらだちを示したその場面のために点数を大きく失った。河野氏の後任として有力だという茂木敏充・経済再生担当相も同様だ。テレビのニュースワイドショーに出演した政治専門パネルは「仕事はうまくやるが、人望が思わしくない」「茂木が来るということを聞いて雰囲気が沈んだ外務省は茂木にうまく仕えることができる忍耐強い秘書官候補を物色している」とこき下ろす。金杉氏の空席も、新たに就任する外相の人柄も、日本と外交戦争をしている我々にとっては本当に負担になる。

ソ・スンウク/東京総局長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【グローバルアイ】拍手を受けて昇進した金杉氏の空席

    2019.09.06 08:13
    뉴스 메뉴 보기
    【グローバルアイ】拍手を受けて昇進した金杉氏の空席
    TOP