주요 기사 바로가기

サムスンスマホ、日本で6年ぶりに最高シェア…S10新作効果

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.26 14:06
0
サムスン電子が今年4~6月期に日本モバイル市場で6年ぶりに最も高いシェアを記録した。現地で今年5月に発売された「Galaxy(ギャラクシー)S10」の販売量が例年に比べて増加した結果だ。

26日、市場調査期間ストラテジー・アナリティクス(SA)によると、サムスン電子は4-6月期の日本スマートフォン市場でシェア9.8%(出荷量60万台)を記録した。現地の市場シェア2位で、サムスン内部では内心ふた桁シェアも期待する雰囲気だ。

日本はアップルの人気が特に高い地域だ。今回の調査でもアップルのシェアは半分を超えた50.8%であることが分かった。昨年同期と比べると、アップルは45.6%から50.8%に、サムスン電子は8.8%から9.8%に伸びた。

アップルとサムスンに続いてシャープ(7.2%)やソニー(7.0%)などの現地企業が3~4位を占めた。シャープは前年同期(5.1%)比2.1%ポイント上昇したが、ソニーは10.3%で3.3%ポイントの落ち込みとなった。同じ期間、中国ファーウェイ(華為)は5.9%(4位)から3.3%(5位)にシェアを落とした。米国トランプ政府の通商強硬策で日本の通信キャリア各社がファーウェイフォンの販売を今年5月から約1カ月間、一時的に中断したためだ。

SAの調査で、サムスン電子が10%に届くシェアを達成したのは2013年以後6年ぶりとなる。アップルが初の大画面スマートフォンであるiPhone6を発売した2015年(4.3%)と、その翌年である2016年(3.4%)には5%未満にとどまった。2017年から反騰を始めて5.2%、2018年6.4%に上昇の勢いに乗った。

サムスンはこれまで、日本市場攻略のためのさまざまな試みを繰り返していた。今年7月には現地トップシェアを誇るNTTドコモを通じて五輪限定モデル「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」を発売した。スマートフォン裏面と無線イヤホン「Galaxy Buzz」に、来年開かれる東京五輪のエンブレムを刻印した。

サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長も日本国内のモバイル事業拡大に力を注いでいる。3カ月前の今年5月には、東京にあるNTTドコモとKDDI本社を訪問して両者の経営陣と5世代(5G)移動通信事業について意見を交わした。3月には東京にオープンした大規模体験館「Galaxy Harajuku」を訪れて日本消費者の反応をチェックした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスンスマホ、日本で6年ぶりに最高シェア…S10新作効果

    2019.08.26 14:06
    뉴스 메뉴 보기
    (上の写真)サムスン電子は日本モバイル市場攻略のために現地トップスター木村拓哉の次女、Koki,を広告塔に選んだ。[写真 インスタグラム]/(下の写真)サムスン電子がNTTドコモと共同で発売した「2020東京オリンピック(五輪)」記念1万台限定版「ギャラクシーS10プラス」。[写真 NTTドコモのホームページ]
    TOP