주요 기사 바로가기

さらに薄くて軽くなったサムスン「ギャラクシーノート10」…カメラの目を除いて全部画面(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.08 10:05
0
サムスンスマートフォンが守ってきた3.5ミリメートルのヘッドホンジャックも初めて消えた。これに伴い、ノート10のユーザーはUSB-Cタイプのイヤホン、または無線イヤホン(イヤバード)を使う必要がある。ノート10のパッケージにはUSB-Cタイプのイヤホンが入っている。

側面左の音量ボタンの下にあった「Bixby(ビックスビー)ボタン」は電源ボタンに代替された。代わりに電源ボタンを2回押せば、ビックスビーが呼び出される。既存の電源ボタンがあった右側の側面には物理キーが全部消えた。両側の物理キーを押す必要があったキャプチャー機能は左側の音量+電源ボタンを同時に押すことに変わった。

その他にもカメラ機能と配列が大きく変わった。一般モデルは背面トリプル(三重)カメラを、プラスモデルは背面クアッド(四重)カメラを搭載した。既存のノートシリーズの背面カメラが中央の横配列だったといえば、ノート10は左側の縦配列でカメラを片方に設置した。

昨年、世界スマートフォンの販売量は2007年以降初めて前年より減り、サムスン電子のスマートフォン部門実績も不振を免れなかった。このような状況でサムスンが下半期の代表作で一番最初に発表したのがノート10だ。カウンターポイント・リサーチによると、ノート8は1030万台、ノート9は960万台が売れた。サムスン電子はノート10が5Gに最適化したマルチメディア機能でノート9以上の販売量を見せると期待している。業界では年間販売量を970万台程度と見通している。

韓国では5G向けだけが発売されたギャラクシーノート10は9日から事前予約を経て今日20日予約注文者から開通する。その後、23日に正式発売される予定だ。色はアウラグロー、アウラホワイト、アウラブラックの3つだ。通信会社別にカラーマーケティングの次元でレッド(KT)、ブルー(SKT)などが別に発売を控えている。出庫価格はメモリー別に124万(約10万8000円)~149万ウォン台だ。

一方、アップル、LGエレクトロニクス、ファーウェイ(華為技術)も今秋戦略スマートフォン市場への出撃を控えている。業界によると、アップルは9月中にiPhone11、iPhone11マックス、iPhone11Rの3種と予想されるiPhone11シリーズを公開する。LTE向けだけが発売されて韓国には10月ごろ発売される予定だ。LGエレクトロニクスは来月初め、ドイツ・ベルリンの国際コンシューマ・エレクトロニクス展(IFA)2019で「V50ThinQ(シンキュー)」の後続作を公開する。

最高の「プレミアムフォン」といえるフォルダブルフォンも9月に公開される。サムスン電子は欠陥を補完したギャラクシーフォルドを9月18~20日中に発売する予定だ。ファーウェイも6月発売が先送りされたフォルダブルフォン「Mate X」を9~10月中に発売する。
さらに薄くて軽くなったサムスン「ギャラクシーノート10」…カメラの目を除いて全部画面(1)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    さらに薄くて軽くなったサムスン「ギャラクシーノート10」…カメラの目を除いて全部画面(2)

    2019.08.08 10:05
    뉴스 메뉴 보기
    サムスンの「ギャラクシーノート10」製品のイメージ[写真 サムスン電子]
    TOP