주요 기사 바로가기

サムスン・SK・LGに照準…折り畳み式スマホ量産に支障

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.02 08:35
0
日本が3つの品目の輸出規制を始めたことを受け、素材を必須とする韓国の半導体とスマートフォン、OLED(有機発光ダイオード)テレビを生産するサムスン電子、SKハイニックス、LGエレクトロニクスなど情報技術(IT)企業は危機を迎えた。日本企業が世界の需要の70-90%ほどを供給しているからだ。韓国企業側は「日本がほぼ独占している素材だけを選んで輸出規制品目に指定した。韓国の半導体やスマートフォンの装備や素材供給網をよく把握して選んだという印象を否めない」という反応を示した。

日本が輸出規制を強化した素材は透明ポリイミド、フォトレジスト、高純度フッ化水素(HF)の3品目。これまでは必要ならいつでも輸入することができたが、今後は契約1件あたり最大90日間にわたる許可と審査を受けなければいけない。業界は「在庫の活用や国産化で生産への支障を減らすために最大限の努力するだろうが、韓日間の葛藤が深まり規制が長期化すれば打撃は避けられない」という立場だ。

透明ポリイミドはスマートフォンやテレビ用OLED、LCDディスプレーに使用される。液晶素子を固定する一種の透明フィルムだ。現在、日本の住友と宇部が世界需要の90%以上を供給する。韓国貿易協会によると、韓国が昨年輸入した透明ポリイミドの93.7%が日本産だった。国内ではコーロンインダストリーが生産する。サムスンの折り畳み式スマホ「ギャラクシーフォールド」のOLEDディスプレーにも住友のポリイミドが100%使用された。ディスプレー業界の関係者は「住友のポリイミド供給に支障が生じれば今年100万台を生産するというギャラクシーフォールドの量産計画も修正が避けられない」と述べた。ギャラクシーフォールドのディスプレーを生産するサムスンディスプレイは現在100万台分のポリイミド在庫はないという。

フォトレジストと高純度フッ化水素は半導体の工程に欠かせない。ソウル大半導体共同研究所のイ・ジョンホ所長は「精密製品の素材であるため、品質が少しでも違えば製品に影響を及ぼしかねず、似た代替素材を使用するのが難しい」と説明した。

高純度フッ化水素は半導体を生産する時にウェハーに回路パターンを加工する食刻(エッチング)と洗浄(クリーニング)工程に使用される。日本ステラケミファ、台湾プラスチックグループ、中国の一部の企業が生産している。韓国は日本から液体状態で輸入して国内でガスに加工して使用するが、昨年の輸入量の43.9%を日本に依存した。

フォトレジストはウェハーに光を当てて回路を描く露光工程で使用する核心素材。日本の住友、信越、JSR、FFEM、TOKなどが世界市場シェアの90%以上を占める。韓国も昨年、輸入全体の91.9%を日本から輸入した。匿名を求めた半導体業界関係者は「現在、両品目の在庫は2カ月分ほど」とし「日本にある購買部署が慌ただしく動いていて、追加物量を注文している」と伝えた。

今回の措置が日本にマイナスになるという分析もある。KTB投資証券のキム・ヤンジェ研究委員は「日本企業の韓国企業への供給が減り、売上が減少する逆風を受けることも考えられる」と述べた。ユジン投資証券のイ・スンウ研究委員は「我々が製品を供給しているアップル、HP、デルのようなグローバル企業も打撃を受ける可能性がある」とし「ファーウェイ(華為技術)事態で米中が受けた非難を日本が受ける状況になるかもしれない」と話した。

韓国貿易協会のチェ・ヒョンジョン通商支援団長は「半導体やディスプレーのようなIT業種は複数の国の企業が複雑なグローバル供給網で結びついている」とし「政治論理が入り込む瞬間、被害は特定の国ではなく世界各国で同時多発的に発生する」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスン・SK・LGに照準…折り畳み式スマホ量産に支障

    2019.07.02 08:35
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン電子
    TOP