주요 기사 바로가기

韓国金融委「日本のホワイト国除外措置により韓国への投資評価に大きな変化なし」

ⓒ 中央日報日本語版2019.08.05 13:43
0
日本が韓国をホワイト国から除外したが、世界の投資家らの韓国に対する評価には大きな変化がないという評価が出た。

韓国金融委員会は5日、政府ソウル庁舎で孫炳斗(ソン・ビョンドゥ)金融委副委員長の主宰で企画財政部と韓国銀行、金融監督院、韓国取引所、国際金融センターなどの関係者らが参加した中、金融状況点検会議を開いた。

孫炳斗副委員長は「韓国金融市場に対するグローバル投資家の評価には未だ大きな変化はないものと見られる」とし「金融当局は警戒感を緩めず国内外の金融市場の状況を綿密に監視しながら、必要な場合は既に用意されたコンティンジェンシープランに基づいて迅速かつ果敢に対応する」と述べた。

続けて「外国人の資金の流動が安定しており、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)も良好な水準を維持している」とし「ホワイト国リスト除外は市場に相当部分先に反映された側面があり、民・官が総力対応しているため予断して不安がる必要はないだろう」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国金融委「日本のホワイト国除外措置により韓国への投資評価に大きな変化なし」

    2019.08.05 13:43
    뉴스 메뉴 보기
    日本が韓国をホワイト国から除外したが、世界の投資家の韓国に対する評価には大きな変化がないという評価が出た。
    TOP