주요 기사 바로가기

【噴水台】鵜飼経済脱皮宣言=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.05 13:12
0
「韓国経済は長江の鵜のようだ。首をひも(日本の部品・素材産業)で縛られて魚(完成品)を捕ってもそのまま飼い主(日本)に捧げる構造だ。「日本経済評論家の小室直樹が1989年に『韓国の崩壊―太平洋経済戦争のゆくえ』で書いた内容だ。

中国では鵜の喉元をひもで縛って魚を捕っても飲み込めなくした後、漁師が横取りした。これに由来する「鵜飼経済」は韓国の輸出構造の脆弱性を指す。この言葉が30年ぶりに復活した。日本が韓国を「ホワイト国家」から除外すると金鉉宗(キム・ヒョンジョン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)国家安保室第2次長が「鵜飼経済」脱皮を強調した。

韓国銀行が関連統計を編制した1998年以降、対日本の経常収支は21年連続で赤字だ。昨年は242億ドル(2兆5740億円)の赤字だった。昨年の対中国の経常収支は491億ドルの黒字だった。鵜飼経済というよりも北東アジア分業構造の中の比較的優位による選択と見なすことが合理的だ。先端技術を確保できなかったか技術開発が非効率であるため日本からの輸入を選択したわけだ。

対日依存度を下げるという政府の宣言と意志は歓迎すべきことだ。問題は、冷静な戦略的判断ではなく、感情的な対応に流される時だ。趙淳(チョ・スン)元経済副首相は2004年に韓日FTAを検討する経済補佐官に送った文書でこのように指摘した。

「韓日関係の歴史の中で、韓国側は相手について何も知らずにいて、ある日急に思い立って突然仕出かし、取り返しのつかない災いを残した例が多かった。孫子の言葉通り『知彼知己、百戦不殆(彼を知り己を知れば百戦殆からず)』だろうに、我々は『不知彼不知己(彼を知らず己を知らず)』だから『毎戦必敗』となるほかなかった」(『金鉉宗、韓米FTAを語る』)

『The New Chinese Empire(新しい帝国-中国)』を書いたロス・テリルは「目標樹立とその目標を達成する力を持っていることは別」とした。能力が足りない意志は常に危険だ。

ハ・ヒョノク/金融チーム長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP