주요 기사 바로가기

「未来型自動車、現代車がベンツより優秀?」…驚いたドイツ車

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.30 09:34
0
「ドイツ車はこれまで現代・起亜車を過小評価していた」。中国・米国・日本と共に自動車生産「4強国」であり高級車製造技術で有名なドイツが、韓国車の技術発展ペースに驚きを表した。現代・起亜車の燃料電池車・電気自動車の技術力が全体的にドイツ車よりも進んでいるという評価がドイツで出てきた。

ドイツ有名自動車専門誌アウトモートア・ウント・シュポルトは2019年15号で、現代車グループを代表する5車種を同級ドイツ車5車種と比較・分析した「韓国車:ドイツ車より進んでいる?」という記事を掲載した。韓国を代表する現代車・起亜車とドイツを代表するBMW・メルセデスベンツ・アウディ・フォルクスワーゲンの5車種を1対1で評価する方式だ。

高級名車で有名なドイツ車が世界をリードする技術力を確保していることはよく知られている。実際、全体的な評価はドイツ車が現代・起亜車を上回るという結論が出てきた。準中型セダン、中型セダン、中型SUVでドイツ車が優勢だった。

ただ、今回の評価でドイツ車が驚きを隠せなかったのは現代自動車の燃料電池車の競争力だ。燃料電池車部門で同誌は現代ネクソ(NEXO)とメルセデスベンツのGLC Fセルを比較した。評価の結果、ネクソ(95点)がメルセデスベンツGLC Fセル(66点)より29点も高い点数を受けた(100点満点)。特にネクソは6つの評価項目のうち5つで満点を受けた。

ネクソは車が吸入した空気(酸素)が水素タンクの水素と電気化学反応を起こして電気を生成し、この電気がモーターを回して動力を得る。一方、メルセデスベンツGLC Fセルは水素エネルギーを活用して電気モーターを稼働できるが、プラグを差し込んで直接バッテリーを充電することもできるプラグインハイブリッド車だ。

充電方式の差はあるが、アウトモートア・ウント・シュポルト評価チームは全面的にネクソを高く評価した。価格などでネクソ(25点、満点)はメルセデスベンツGLC Fセル(5点)より5倍高い点数を受けた。現代自動車は「ネクソは制限なく市販しているが、GLC Fセルは小規模生産して一部の顧客に選択的に引き渡す方式のためであるようだ」と説明した。

長期保証期間(5年)もネクソが高い評価を受けた理由だ。一方、GLC Fセルはバッテリーが重く設計が複雑で、ネクソに比べて実用性が低いと評価した。GLC Fセルの燃費(1.6キログラム/100キロメートル)と比較すると、ネクソは燃費(1.3キログラム/100キロメートル)も効率的だ。1回の充電での走行可能距離もネクソがGLC Fセルより177キロ長く、重量がGLCより軽くて加速しやすく、高速走行での騒音も少ない。

このほかネクソは室内空間性と先端インフォテイメントシステムの操作性で好評を受け、室内空間部門(10点)で満点を受けた。

電気自動車部門でも現代車は相対的に良い評価を受けた。この部門では現代コナEVとBMWのi3sが比較対象だった。走行可能距離・充電オプション・価格などの客観的指標と運転の楽しさなどの主観的指標を総合して比較評価した結果、コナEV(93点)がi3s(84点)を上回った。

決定的な理由は圧倒的な走行可能距離(1回の充電で406キロ、コナEV)だ。ここでBMWより11点も高い点数を受け、事実上、勝負が分かれた。大容量バッテリーを搭載しながらも車内空間とトランク空間に余裕があり、加速能力が高く操作しやすいという点も加点の要因だった。運転の楽しさ、充電オプション、燃費などではBMWよりやや低い点数を受けたが、現代車の総点が高かった理由だ。

もちろん内燃機関車はまだドイツ車に及ばないという分析もあった。現代車の準中型SUVツーソン(83点)がフォルクスワーゲンの同級SUVティグアン(95点)より12点低い点数を受けた。価格競争力(ツーソン25点、ティグアン20点)を除けば多くの指標でフォルクスワーゲンの点数が高かった。ツーソン(185馬力)とティグアン(190馬力)は出力・燃費が似ているが、まだ実用性や運転性能では劣るという評価だ。

これはセダン部門でも同じだ。品質・乗り心地を重点的に評価した中型セダン部門では起亜スティンガーが83点を受け、アウディA5が93点だった。また、準中型セダン部門では起亜プロシード(54点)がメルセデスベンツCLAクーペ(75点)を大きく下回った。

にもかかわらず新技術を取り入れた電気自動車・燃料電池車の評価で現代車がドイツ車より競争力が優れているという結論が出たことを受け、アウトモートア・ウント・シュポルトは「これまで過小評価されてきた現代・起亜車の技術成長ペースは驚くほど」とし「燃料電池車・電気自動車部門でドイツ車を上回っているだけに、ドイツ自動車企業は油断してはいけない」とドイツ自動車企業に警告した。

アウトモートア・ウント・シュポルトはアウト・ビルトとともに欧州を代表する自動車専門メディア。欧州全体の月間販売部数は数百万部という。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「未来型自動車、現代車がベンツより優秀?」…驚いたドイツ車

    2019.07.30 09:34
    뉴스 메뉴 보기
    アウトモートア・ウント・シュポルト誌2019年15号[写真 アウトモートア・ウント・シュポルト]
    TOP