주요 기사 바로가기

強制徴用被害者、「法が定めた手続きをこれ以上遅らせることはできない」

ⓒ 中央日報日本語版2019.07.16 12:01
0
労働挺身隊強制動員被害損害賠償訴訟代理人団は16日、「戦犯企業三菱重工業が交渉要請をまた黙殺した。早期に三菱重工業の資産に対する売却命令申し立てを進める計画だ」と明らかにした。

代理人団は「2019年6月21日に三菱側に韓国大法院(最高裁)確定判決(2018年11月29日)にともなう履行と強制動員問題の包括的解決に向けた協議に出るよう促す書簡を伝え、1月18日と2月15日にも交渉要請をした」と明らかにした。

代理人団は「強制徴用被害者は90歳を超える高齢だ。法が定めた手続きをこれ以上遅らせることはできない」と主張した。

被害者側はこれに先立ち差し押さえた三菱所有の韓国内商標権2件と特許6件の売却命令を下すよう裁判所に申請するものとみられる。裁判所が売却命令を下せば差し押さえた財産を評価し競売にかけることになる。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP