주요 기사 바로가기

「倉庫に溜まる一方」…危機の韓国車

ⓒ 中央日報日本語版2019.07.05 17:53
0
「良質な雇用製造機」だった韓国の自動車産業がサイレンを鳴らしている。危機を知らせる警告灯のひとつが財務諸表上の「棚卸資産」だ。

中央日報が現代(ヒュンダイ)・起亜(キア)車の11年分(2008~2018年)の会計帳簿に見られる棚卸資産の増減と棚卸資産回転率(売上高を棚卸資産で割った値)を分析した。その結果、昨年の現代車の在庫資産関連指標は2008年の世界的金融危機と同様の水準に達しており、起亜車も最近になって指標が悪化している。

現代車の棚卸資産回転率は2008年に17.8に低下したが、その後上昇し始め2012年にピーク(25.4)を記録した。その後下がり始め、昨年は15.1まで下がった。生産されたばかりの自動車が倉庫に置かれてから市場に出て売れる速度が、金融危機の時より昨年の方が遅くなったという意味だ。

信用評価会社も現代・起亜車の信用等級展望を「ネガティブ」と評価する。今はAAA(現代自動車)・AA+(起亜車)等級で良い方だが、今後信用等級を下げる可能性があるという意味だ。資本市場で評価する今年上半期の信用評価専門家のアンケート(SRE)でも社債市場の専門家の4人に1人(回答者180人中45人)が、現代・起亜車の信用格付けを下方調整する必要があると回答した。

NICE信用評価のチェ・ジェホ首席研究員は「現代・起亜車は振るわない事業実績が継続したり競争力の改善がなされなかったりした場合、信用度が下がる可能性が高い」と評価した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP