주요 기사 바로가기

<サッカー>「日本がライバル?」…U-20代表は韓国が圧倒

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2019.06.04 10:54
0
2019国際サッカー連盟(FIFA)U-20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)で韓日戦が行われる。

韓国と日本は5日未明(日本時間)、ポーランドのルブリン競技場でU-20W杯の決勝トーナメント初戦を行う。両チームともに難しいグループリーグを通過した。韓国はF組でポルトガルに敗れた後、南アフリカとアルゼンチンに勝って組2位で16強入りした。日本はイタリア・エクアドル・メキシコと同じB組で1勝2分けの組2位でグループリーグを通過した。アジア国家のうち生き残った2チームが8強進出のために避けられない「戦争」を予告している。

韓日戦はいつも注目を集めた。アジアサッカーを代表する両国の激突に歴史的な関係も絡んでいる。このため韓日戦はアジアを代表する最大のライバル戦に挙げられる。今回のU-20W杯でも同じだ。世界は今回の激突をアジアのライバル戦として眺めている。

しかし歴代の韓日戦を振り返ると、事実上ライバルではない。韓国が圧倒している。A代表では78戦41勝14敗23分けだ。ライバルというには差が大きい。年齢別代表チーム間の対戦も同じだ。韓国は日本戦でいつも強かった。U-23代表は16戦7勝5敗4分け、U-17代表は25戦11勝5敗9分け、U-14代表は43戦26勝7敗10分けだ。

年齢別代表チームのうち特にU-20代表は日本に圧倒的に強い姿を見せてきた。43戦28勝6敗9分けだ。43試合で71得点、37失点。1958年4月のアジアサッカー連盟(AFC)ユース選手権大会で初めて対戦し、韓国が3-2で勝利した。その後、14試合連続で無敗を続け、11勝3分けとした。1970年5月のAFCユース選手権大会3位決定戦では5-0と大勝した。最も近い2016年5月の水原(スウォン)JSカップU-19国際ユースサッカー大会でも韓国が1-0で勝っている。決勝ゴールの主人公は現在U-20代表のFWチョ・ヨンウク(FCソウル)だ。

U-20代表の韓日戦からは多くのスターが誕生した。朴主永(パク・ジュヨン、ソウル)が計4得点などで「韓日戦の男」になった。また、U-20代表で李東国(イ・ドングク、全北現代)、チョン・ジョグク(江原FC)など韓国を代表するストライカーが2得点し、日本を沈没させた経験がある。U-20韓国代表にとって日本はライバルでなく、勝利の自信をつかめる相手ということだ。今回の対戦ではチョ・ヨンウクをはじめ、「エース」李康仁(イ・ガンイン、バレンシア)の足に世界の注目が集まっている。もう一人の「韓日戦の男」を待つ状況だ。

U-20韓日戦で惜しまれるのは、2003年にアラブ首長国連邦(UAE)で開催されたU-20W杯の決勝トーナメント初戦だ。今回のU-20W杯の韓日戦は初めてではない。2003年に初めて16強で激突し、延長戦の末1-2で敗れた。したがってU-20太極戦士は16年前の借りを返す責務がある。

韓国は自信に満ちている。事実上ライバルではないため恐れる必要もなく、避ける必要もない。韓国が持つ競争力さえ見せれば勝利を引き寄せるのは確実だ。U-20韓国代表の鄭正容(チョン・ジョンヨン)監督もライバル戦に焦点を合わせるのではなく、韓国代表のスタイルに集中している。鄭監督は「日本は16強の相手にすぎない。誰が相手かではなく、そのチームについて分析してよく準備することが重要だ」とし「自分たちの競技力に集中する。相手が日本だからといって変わることはない」と強調した。「エース」李康仁も「相手が日本だからといって他の試合とは違うと考える必要はない。自分たちがやってきたことを出せるように準備する」と語った。

恐れているのは日本だ。U-20日本代表の影山雅永監督は「韓国はいい試合ををした。韓国は非常に難しい組を通過した」とし「韓国とはライバル感情がある。韓国は良きライバルだ。善意の競争をしようと思う。最善を尽くして韓国に挑戦する」と警戒心を表した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>「日本がライバル?」…U-20代表は韓国が圧倒

    2019.06.04 10:54
    뉴스 메뉴 보기
    U-20W杯の決勝トーナメント初戦で5日に日本と対戦するU-20韓国代表(写真=大韓サッカー協会提供)
    TOP