주요 기사 바로가기

<サッカー>中国選手「屈辱の写真をスマホの壁紙に」…臥薪嘗胆として広まる韓国トロフィースキャンダル

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.05.31 15:21
0
29日に中国・成都で閉幕した中国パンダ・カップで優勝した韓国U-18(18歳以下)代表が優勝カップを足で踏みつけた「トロフィースキャンダル」の余震が続いている。31日、中国の世論は「この屈辱を忘れるな」として現代版「臥薪嘗胆」を呼びかける側と「過去に埋めよう」と自制を呼びかける側に分かれた。

2010年東アジアサッカー選手権大会で最優秀選手に選ばれたサッカー選手の杜威はSNSに「いかなる謝罪も受け入れる理由はない」とし「勝敗は理解できるが、こうした行為は許せない」と怒りを表した。元中国代表の李毅は「死んでも屈辱には耐えられない」というコメントを載せた。

今大会に参加した中国U-18代表の梁少文はトロフィー屈辱写真をスマホの壁紙にしていると、北京新京報が31日に報じた。梁少文は「11月に開催されるアジアユース大会の予選で韓国と対戦する」とし「尊厳をこのように踏みにじられたので必ず勝って帰ってくる」とリベンジを誓った。新京報によると、北京のあるサッカーファンは問題の写真を背景にして中国サッカー協会に送る考えだとし、「中国サッカー協会はすべきことを怠るたびにこの写真を見ることを願うと伝える」とコメントした。

北京の韓国大使館にも飛び火している。中国版ツイッターのウェイボー(微博)に開設された韓国大使館のアカウントでは31日、掲示物に「天に誓うが、韓国サッカーはこの世に生かしておけない敵だ(不共戴天)」などと韓国サッカーチームを非難するコメントが400件ほど書き込まれた。

中国ポータルサイトの新浪スポーツが開設した「在中韓国大使館公式ウェイボーに公式謝罪を要求しよう」という設問では7万6000人が「懲らしめよう」、5万2000人が「可能だが必要ない」、2万7000人が「適切でない」と答えた。

ウェイボーの人気ハッシュタグ「トロフィー冒とく」は31日正午までに4億7000万人が訪問した。「ウェイボーサッカー」というアカウントは問題の写真を標的にダーツを投げて韓国を非難する動画を載せた。

国営メディアは事態の収拾に動いている。民族主義性向の環球時報はこの日、「パンダ・カップ事件を過去に流すものの、反省は記憶しよう」という社説を掲載し、国民の自制を呼びかけた。社説は「善意的に見れば、韓国の数人の18歳以下の子どもたちが『教養なく』驚くような問題を起こし、韓国の大人が公開的に彼らを叱って謝罪させた」とし「中国人はこの事件で韓国全体に恨みを抱いたり、数人の子どもたちの行為を韓国社会が中国を侮辱したと考える必要はない」と伝えた。

同紙は、2007年長春冬季アジア競技大会ショートトラック女子3000メートルの表彰式と、2012年ロンドンオリンピック(五輪)男子サッカー韓日戦の後に、韓国選手が紛争領土に関する標語を掲げたことも取り上げた。「白頭山(ペクドゥサン)はわが領土」 「独島(ドクト、日本名・竹島)はわが領土」パフォーマンスを指摘したのだ。

社説は「韓中は友好国でありながら両国民の間には相手に対する一連の感情が残っている」とし「スポーツが悪い情緒を刺激する通路になることには断固反対し、試合が両国の友好を増進するものにならなければいけない」と強調した。

環球時報は2016年の高高度防衛ミサイル(THAAD)韓国配備で韓中葛藤が深まった当時、率先して世論を煽動したメディアだ。環球時報の変身に北京情報筋は「米中貿易戦争中の中国当局としては一般世論が韓国を完全に敵に回すことに負担があるようだ」と解釈した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>中国選手「屈辱の写真をスマホの壁紙に」…臥薪嘗胆として広まる韓国トロフィースキャンダル

    2019.05.31 15:21
    뉴스 메뉴 보기
    サッカー韓国U-18代表がパンダ・カップ優勝トロフィーを足で踏みつけて非難を受けた。(写真=ウェイボー)
    TOP