주요 기사 바로가기

<サッカー>優勝トロフィーをはく奪された韓国U-18代表

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.05.31 07:47
0
サッカー韓国U-18(18歳以下)代表が中国で開催された国際大会で優勝した後、分別のない行動で物議をかもした。結局、優勝トロフィーまではく奪される事態となった。

人民網など中国メディアは30日、韓国U-18代表が成都で開催された2019パンダ・カップで29日に優勝した後、パフォーマンスをする過程でトロフィーを踏みつけながら記念写真を撮ったと報じた。

韓国・中国・タイ・ニュージーランドの4カ国が参加した国際親善大会のパンダ・カップで韓国は3戦全勝で優勝を果たした。特に大会最終戦で韓国は中国に3-0で完勝した。

しかし表彰式の直後、一部の選手の軽率な行動が中国ファンを刺激した。表彰式の現場を撮影した中国の写真記者は「韓国選手が優勝パフォーマンスをする過程でトロフィーをむやみに扱い、一部の選手は小便をする動作を見せた」と伝えた。

当時、競技場でこの場面を見ていた他の選手とコーチングスタッフが直ちに制止したが、こうした内容はウェイボー(微博)など中国ソーシャルメディアを通じて急速に広まった。「大会が冒とくされた」「礼儀から先に学べ」「公開謝罪をしろ」という中国人の非難が続いた。

中国内で波紋が広がると、U-18韓国代表選手全員とキム・ジョンス監督は30日未明、成都のホテルで謝罪した。選手は謝罪文を通じて「私たちはサッカー選手として重大な過ちを犯しました。すべての中国サッカーファンと選手、中国の国民に心から謝罪します」とし、頭を下げた。キム監督も「良い大会への招待を受けながら、見苦しい行動をしたことについてお詫びします。今回の件はすべて私の責任です」と語った。

キム監督をはじめとするコーチングスタッフは30日午前、成都サッカー協会を訪れ、大会関係者に改めて謝罪した。大韓サッカー協会も同日、中国サッカー協会と成都サッカー協会に公文書を送って公式謝罪した。

しかし波紋は収まらなかった。パンダ・カップ組織委員会は今回の件について「この大会は成都市が中国サッカー協会の支援を受けて設立した国際大会であり、優勝トロフィーは中国サッカー協会サッカー博物館に展示される予定だった」とし「深刻な侮辱でありスポーツ精神を傷つける行為だった。このような選手たちが大会に来るのは喜べることではない。我々はスポーツマンシップを身につけたチームを歓迎する」と不快感を表した。

結局、大会組織委員会は30日午後、韓国代表チームから優勝トロフィーをはく奪した。中国サッカー協会も関連事案を報告書に整理し、アジアサッカー連盟(AFC)に提出した。

中国はこの大会で3試合で1得点もできず7失点し、3戦3敗で最下位となった。結果と内容ともに良くなく中国サッカーファンの失望が大きい状況で、韓国選手の常識外な行動が中国を強く刺激した。

韓国U-18代表選手は30日に予定されたすべての外部日程を取り消し、宿舎内にとどまって自粛した。サッカー協会の関係者は「31日に代表チームが帰国した後、当時の状況を聞いて該当選手の懲戒について議論する。再発防止策も用意する」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>優勝トロフィーをはく奪された韓国U-18代表

    2019.05.31 07:47
    뉴스 메뉴 보기
    サッカー韓国U-18代表がパンダ・カップ優勝トロフィーを足で踏みつけて非難を受けた。(写真=ウェイボー)
    TOP