주요 기사 바로가기

韓経:限韓令3年、さらに強くなった韓流…「Kコンテンツ」輸出5兆ウォン超(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.05.31 10:51
0
◆「超国家的文化」に進化する韓流

専門家は韓流が超国家的文化現象に進化していると分析した。韓国コンテンツ振興院のヤン・スヨン研究員は「韓国コンテンツを単なる韓国のものと意識しないで日常の中で自然に取り込む流れが現れている」と説明した。

超国家的現象はK-POPを中心に拡大している。BTSが昨年8月から海外で開いた公演は58回に達する。このうちウェンブリーを含めて今年16回にわたって開催されるスタジアムツアーの売り上げは合計1500億ウォン(約137億円)を越えると予測される。1回当たり100億ウォンに達する。米国ニューヨークやブラジル・サンパウロなどではファンが公演を見るために夜中に列をつくる「野宿」現象が起きた。CJ ENMがK-POP歌手と共に世界各地で行う韓流祭り「KCON」は開催7年目にして累積観客数100万人突破を控えている。2012年米国で初めて開かれたKCONは1万人余りの観客を集めたが、昨年ニューヨーク公演では5万人以上が参加した。観客のうち現地人の比率は90%に達する。

◆Kコンテンツ、OTTに乗って世界に流通

放送コンテンツの境界も崩れている。韓国完成版ではなく、現地化が可能なフォーマット輸出に突き進んだ結果だ。2015年、中国や東南アジアなど8カ国にすぎなかったフォーマット販売先は現在20余カ国に増えた。MBC(文化放送)のバラエティ番組『覆面歌王』をリメークした『The Masked Singer』プロデューサーのCraig Plestis氏は「韓国フォーマットは新鮮で独特だ」とし「K-POP、食など全体的な韓国文化の地位が高まっている今がフォーマット輸出の適期」と話した。

最近ではKコンテンツが韓国とほぼ同時にOTTに乗って全世界に広がる。6月1日に初放送されるtvNドラマ『アスダル年代記』は正規放送の1時間後にNetflixを通じてアジアや英語圏地域に公開される。Mnetで放映中のアイドルオーディション番組『PRODUCE×101』はYouTubeなどを通して毎回全世界に生中継している。韓国国際文化交流振興院のチョン・ジョングン責任研究員は「まだ韓流コンテンツをそれほど多く利用したことのない人々を熱心なユーザーに変えるためには接触機会を増やさなければならない」とし「OTT等を通して流通ネットワークを拡大するのが重要だ」と強調した。

韓国料理、ビューティーなど文化そのものを楽しむ人々も増えている。特に日本ではこのような現象が目立っている。専門家は日本と中国ではそれぞれ嫌韓と限韓令の余波が続いているにもかかわらず、韓流が「社会一般定着段階」(第3段階)に入ったとみている。第1段階は一部の積極的なファンを中心に広がり、第2段階は韓流ブームが広がるが、新たな文化として定着することはできない水準だ。第3段階では韓国コンテンツに対する全般的な認知度が高まって関連商品流通が普遍化する。ヤン研究員は「日本と中国は、最近、政治などと関係なく韓流をさまざまな方法で楽しむ段階に進入した」と話した。
韓経:限韓令3年、さらに強くなった韓流…「Kコンテンツ」輸出5兆ウォン超(1)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓経:限韓令3年、さらに強くなった韓流…「Kコンテンツ」輸出5兆ウォン超(2)

    2019.05.31 10:51
    뉴스 메뉴 보기
    Netflixの韓国ドラマ『キングダム』
    TOP