주요 기사 바로가기

文大統領、就任2周年記者会見の代わりに1対1対談を選んだわけは

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.05.09 18:25
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領は9日、就任2周年を迎えて午後8時30分から80分間1対1の生放送対談を行う。KBSのソン・ヒョンジョン記者が文大統領をインタビューする形式だ。

通常進めてきた記者会見の代わりに放送インタビュー形式を要請したのは文大統領だったという。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)の核心関係者は「現在の局面では破片的な質問に答えるより主要懸案に関する踏み込んだ、率直なメッセージが必要だ」とし「特に、文大統領が昨年、保守派の米フォックスニュースとインタビューした後、類似した形式の対談が効果的だと判断したようだ」と伝えた。また「当初は合理的保守要人を対談者にして討論形式で進めようというアイディアで関連要人を交渉してみようとも思った」として「結局、過度に専門的な討論よりは国民の目線に合わせた現職記者が進める方式が効果的だと最終判断した」と説明した。

通常、昼の時間に行われた記者会見と違い、夕方の時間の対談を選んだのも対談の効果を最大化するための装置という。他の核心関係者は「集中度の落ちる午前や昼の時間帯とは違い、夕方の対談は落ち着いてメッセージを伝えることにさらに効果的」としながら「特に、活字よりは大統領の肉声を直接伝達する方式がさらに良いという判断もあった」と話した。

ただし、対談が公営放送であるKBSとの単独インタビュー形式で行われ、大統領の対談を生中継するテレビ局がKBS・YTN・聯合ニュースTV・MBNなど7カ所にとどまった。そもそも記者会見の場合、地上波と総合編成チャンネル、ニュースチャンネルなど10社のチャンネルを通じて同時に生中継された。

文大統領は事前質問の協議なしに進めたその間の記者会見と同様に今回もKBS側から質問紙をあらかじめ受けなかったという。青瓦台の核心関係者は「テレビ局とは外交安保や国内懸案、経済問題など、大きなテーマと順序程度を議論し、具体的な質問は共有したことがない」として「このため、どの質問にも率直な回答ができるように準備する過程を経たと承知している」と話した。

他の関係者は「当初、KBSは経済関連質問を先に進めようとしたが、協議を通じて外交安保懸案に対する対談が先に行われることになった」として「最近、韓半島(朝鮮半島)を取り巻く状況の重要性が反映されたと理解してほしい」と伝えた。

文大統領が国内の各報道機関とインタビューしたのは今回が初めてだ。その間、外国の歴訪を契機に現地の報道機関とインタビューをしたことはある。文大統領は2017年12月、米NBCとのインタビューで「北朝鮮がさらに挑発しなければ平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)期間に韓米軍事演習の延期を検討することができ、これを米国側に伝えた」という内容を公開的に明らかにした。昨年9月、米フォックスニュースとのインタビューでは「南北統一以降も北東アジア全体の安定と平和のために在韓米軍が継続して駐屯する必要がある」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領、就任2周年記者会見の代わりに1対1対談を選んだわけは

    2019.05.09 18:25
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領が青瓦台で英BBCとインタビューをしている。文大統領はこの日、「終戦宣言は時期の問題であるだけで、必ず行われると信じている」と明らかにした。(写真=青瓦台)
    TOP