주요 기사 바로가기

韓経:ウォン安ドル高1ドル=1160ウォン…債券利回り急落

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.04.26 09:02
0
1-3月期の成長率ショックで外国為替および債券市場が大きく動いた。2年3カ月ぶりのウォン安ドル高水準となり、債券の利回りは急落(債券の価値が急騰)した。

25日のソウル外国為替市場で韓国ウォンは前日比9.60ウォン値下がりした1ドル=1160.50ウォンで取引を終えた。これは終値基準で2017年1月31日(1ドル=1162.10ウォン)以来のウォン安ドル高。

韓国ウォンは前日比7.10ウォン値下がりした1ドル=1158ウォンで取引が始まった後、経済成長率指標の悪化が伝えられると午前に一時1ドル=1161.40ウォンまでウォン安ドル高が進んだ。サムソン先物のチョン・スンジ研究員は「1-3月期の成長率ショックの余波でドル買い心理が強まった」と説明した。

通貨当局は「非正常的な状況になればスムージングオペレーション(微細調整)など積極的な措置を取る」と口先介入もした。大信証券のコン・ドンラク資産リサーチ部チーム長は「米国経済は好調だが他国が振るわずドル高が続いている」と伝えた。当分はドル安要因が不足した中、1ドル=1171ウォンまでウォン安ドル高が進むと市場参加者は予想している。

景気不振で利下げへの期待が高まり、この日、国債の利回りが大幅に落ちた。3年国債の利回りは取引中、一時年1.7%台割れも視野に入ったが、結局は前日比0.025%ポイント低下した1.74%で取引を終えた。10年国債の利回りも前日比0.033%ポイント低下した1.879%で取引を終えた。

大手証券会社のある債券ブローカーは「3年国債の利回りが政策金利(年1.75%)以下になったのは、それだけ韓国銀行(韓銀)が政策金利を引き下げるだろうという市場の期待が大きいという意味」とし「機関投資家も市場金利のさらなる下落を予想して物量を集める雰囲気」と話した。

ハンファ投資証券のキム・イルグ首席エコノミストは「昨年10-12月期の一時的な成長は臨時職雇用など政府の弥縫策による一時的な現象だったことが立証された」とし「政府が強力な構造改革を通じて経済体質を強化できなければ今年は1%成長も守れないかもしれない」と警告した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP