주요 기사 바로가기

河野外相、WTO敗訴に「韓国に禁輸措置の撤廃を引き続き求めていく」

ⓒ 中央日報日本語版2019.04.12 11:37
0
世界貿易機関(WTO)上級委員会が韓国政府の福島周辺8県の水産物輸入禁止措置が妥当だとの判決を下したことについて、河野太郎外相が韓国に対して禁輸措置撤廃を今後も求めていくと明らかにした。

河野外相はWTO上級委員会の判定後、12日未明に談話を発表した。河野外相は「誠に遺憾だ。韓国に対して規制措置全体の撤廃を求めるという立場に変わりはない」とし「上級委員会の今次報告書を踏まえ、韓国との協議を通じ、措置の撤廃を求めていく」と述べた。

WTO上級委員会は、1審当時に日本側が提起した4つの争点(差別性・貿易制限性・透明性・検査手続き)のうち、一部の手続き的な争点(透明性の中の公表義務)を除く事実上すべての争点で1審のパネル判定を破棄して韓国の輸入規制措置がWTO協定に合致すると判定した。

韓国政府は「WTOの判定を高く評価し、歓迎の意を表す」とし、「今回の判決はこのような政府の努力が反映された結果だと判断することができる」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP