주요 기사 바로가기

「在日一掃」ヘイトスピーチの厚生省幹部…停職2月の処分

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.04.12 07:14
0
SNSで韓国を非難する嫌韓コメントを繰り返し投稿して波紋を呼んでいた厚生労働省傘下機関の幹部が停職処分を受けたと11日、共同通信が報じた。

この日の報道によると、日本年金機構は世田谷年金事務所の葛西幸久前所長に停職2月の処分を下した。

葛西氏はツイッターに「属国根性の卑怯な食糞民族」「在日一掃、新規入国拒否」など韓国人に対する露骨な非難の入ったコメントを投稿していた。

葛西氏は先月、自身のこのようなコメントが大きく問題になると、日本年金機構に「不適切な発言をした」と謝罪したという。

日本年金機構によると、葛西氏は昨年秋から嫌韓文をツイッターに投稿するようになり、勤務中にも投稿していた。葛西氏は「好意的な反応があり、エスカレートしてしまった」と話しているという。

問題が大きくなると、日本年金機構は先月25日に葛西氏を本部人事部付へ異動し、更迭した。今後、復職しても降格させる追加人事処分を取る方針だ。

日本年金機構は「研修などの取り組みを通じて再発防止の徹底を図る」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP