주요 기사 바로가기

【コラム】混迷した時代について=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.03.20 15:16
0
答えが見えないのに問題解決能力まで退化しているようで、混迷はさらに深まっている。覆われた粒子状物質を突き抜けて何とか自転車ペダルを踏んでみるが、脚がますます麻痺するようなものだ。今、韓国政界は葛藤管理機構というより、哲学者ハリー・フランクファートの表現を借りるなら、そのまま「たわごと(Bullshit)」の饗宴場のようだ。話者自らも自分の言葉が真実なのか偽りなのか関心がないなら、その言葉はたわごとだ。ある者は大統領制や小選挙区制のせいにもするが、そのような制度と関連ないインターネット掲示板やソーシャルメディアもたわごとであふれているのはなぜだろうか。私たちにはまだ公論の場が残されているのだろうか。

個人の幸福と内面の平和は私たち皆が追求しなければならないものではあるが、それがこの混迷した時代の最終的な解答だと信じてはいない。それはまるですべての家と学校と事務室に空気清浄機を普及させれば粒子状物質問題を解決できるというのと同じだ。私が理解する人間は、自分の体と自分の家族と自分の学校と自分の会社の中に閉じ込められることはできない存在だ。彼の良い人生は、良い街、良い社会とともに実現する。

「私たちが混迷している時代を生きている」という事実だけは、今、非常に明白だ。少なくともその事実を否定する扇動家くらいは選り分けられる知恵を私たちが失わないことを願う。明快な善悪の二分法を土台にした解決策を叫ぶ人がいて、特に彼らがなくそうという「悪」が私たちの近くの特定の個人や少数集団なら十中八九は扇動家だ。就職難や粒子状物質を一気に解決することができると約束する者も同じだ。前途が曇っていてもポピュリズムという泥の臭いは前もって嗅ぎ分けることができる。泥沼の後にはファシズムという断崖があるかもしれない。

今日の午後に春雨が降るという。雨が降った後、久しぶりに青く澄んだ空を見ることができれば良いが。心も体もすっきりせず重苦しい。

チャン・ガンミョン/小説家


【コラム】混迷した時代について=韓国(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP