주요 기사 바로가기

北副外相「金委員長、米国の反応に朝米取り引きへの意欲失ったのでは」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.03.01 10:12
0
北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務省副相は1日、2回目の米朝首脳会談が物別れに終わったことに対し、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が今後の米朝間の「取り引き」に対して意欲を失ったのではないかという印象を受けたと明らかにした。

崔氏はこの日午前、ベトナムのメリアハノイホテルで李容浩(イ・ヨンホ)外務相が行った記者会見に続き、記者団の質問を受ける席上で「民需用制裁決議の部分的決議まで解除が難しいという米国側の反応を見ながら、わが国務委員長同志が今後の朝米取り引きに対して少し意欲を失われたのではないだろうかという感じを私が受けた」と話した。

崔氏は「今回、私が首脳会談を近くで見ながら、わが国務委員長同志が米国がいう、米国式計算法に対して少し理解しにくいと感じているのではないか、理解がうまくできていないような、そのような感じを受けた」と話した。

崔氏は「李容浩外務相が先立って明らかにしたように(われわれは)寧辺(ヨンビョン)核団地全体廃棄を提案した」とし「それと共に米国に民生用・民需用制裁5件の解除を要求した。このような提案を米国が受け入れなかったのは機会を逃したこと」と付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP