주요 기사 바로가기

「おいしいですね」 福島広報ドキュメンタリー出演した韓国人初の宇宙飛行士

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.11.21 07:39
0
1/2
李素妍博士が出演したディスカバリーチャネルアジアの「Fukushima Dreams And Beyond」の一場面。(写真=該当映像キャプチャ)
韓国人初の宇宙飛行士、李素妍(イ・ソヨン)氏が津波によって放射能流出事故が発生した日本の福島地域広報ドキュメンタリーに出演した。

李氏は19日に放送されたディスカバリーチャネルアジア(Discovery Channel Asia)の「Fukushima Dreams And Beyond(福島の夢、その向こう)」に韓国人初であり唯一の宇宙飛行士として出演した。

このドキュメンタリーは2011年3月に東北地域で発生した津波から7年が経過した現在の福島の様子を映像で追っている。放送では福島の土壌が汚染から回復して農業が再開され、津波によって海の生態系が再調整されたが、漁業もまた回復していると紹介した。

特に、福島が世界で最も厳格な食品安全点検を誇っていると明らかにした。福島産の商品に対する不安や懸念を払拭する目的でドキュメンタリーが製作されたことを察することができる。

李氏は福島特産物であるモモづくりをしている果樹園を見学し、原発事故が発生した福島原子力発電所を訪問した。李氏は果樹園でモモを食べた後、「食べてみて。本当においしいよ」と紹介した。

ディスカバリーチャネルは、公式サイトの番組紹介ページで、李氏について「2006年、3万6000人の競争者から選ばれた韓国の唯一の宇宙飛行士」とし「2008年に宇宙船『ソユーズTMA-12』に乗って国際宇宙ステーションで11日間滞在しながら相当数の科学実験をこなし、韓国の科学の教科書とや科学専門チャネルでの講義に貢献した」と紹介した。

李氏は宇宙から帰還した後、講演など宇宙飛行士の広報活動を行っていたが、2012年に航空宇宙研究院を休職して、突然、米国に留学した。2013年、在米同胞と結婚して米国に定着し、2014年には研究院を辞めた。

一方、韓国政府は2011年福島原発事故が発生すると、同年福島近隣の農水産物の輸入禁止と、2013年には福島近隣8県の水産物に対して輸入を禁じる特別措置を断行した。日本は「我が国の水産物を差別している」として世界貿易機関(WTO)に韓国政府を提訴した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP