주요 기사 바로가기

韓国の労働者年収中央値2720万ウォン…1億ウォン超えは44万人

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.11.18 13:04
0
韓国の労働者の平均年収は3475万ウォン(約349万円)で、6700万ウォン以上なら上位10%に属すると調査された。

韓国経済研究院が18日に明らかにしたところによると、雇用労働部の「雇用形態別労働実態調査資料」を基に労働者1519万人の昨年の年収を分析した結果、全労働者の平均年収は3475万ウォンとなった。

平均ではなく中央値は2720万ウォンで昨年の2640万ウォンより80万ウォン増加した。

1億ウォン以上の年収がある労働者は44万人で、全労働者の2.9%を占めた。年収8000万ウォン~1億ウォン未満が51万人(3.4%)、6000万~8000万ウォン未満が108万人(7.1%)、4000~6000万ウォン未満が234万人(15.4%)となった。

企業規模別では、大企業正規職の平均年収が6460万ウォンなのに比べ中小企業正規職の平均年収は3595万ウォンだった。

ただ1年前より大企業の年収は60万ウォン(0.9%)減り、中小企業の年収は102万ウォン(2.9%)増えた。

分位別平均年収は1分位(90~100%)が656万ウォン、4分位(60~70%)が2140万ウォン、7分位(30~40%)が3548万ウォン、10分位(0~10%)が9620万ウォンだった。

2016年と比べた平均年収増加率の場合、2分位が5.3%で最も高く3分位が5.0%、4分位が3.6%などの順だった。

韓国経済研究院のチュ・グァンホ雇用戦略室長は、「2~3分位の労働者年収が5.0~5.3%上がり中小企業正規職の年収が2.9%増えたのに対し、大企業正規職の年収は0.9%減っており大企業と中小企業間の賃金格差が緩和された」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP