주요 기사 바로가기

【中央時評】われわれは今、革命中なのか=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.10.26 15:14
0
「ろうそく」はフランス革命と同列になった。少なくとも文在寅(ムン・ジェイン)大統領の歴史観では。文大統領は、先週のフランス国賓訪問中、革命礼賛論を展開した。「フランス革命の精神は大韓民国国民が手にしていたろうそく一つ一つによって革命の光として蘇った」(パリ市庁での歓迎レセプション)、「韓国のろうそく革命は最も美しく平和な方法で韓国の民主主義を守った」(フランス海外同胞懇談会)、「フランス革命と光化門(クァンファムン)のろうそくが時空間を超えて深くつながっていることを感じた」(フェイスブックに投稿した『パリを離れながら』中)。そのうえ「今まで受けたことがないような歓待を受けた」と所感を伝えた。「革命の国」フランスが文大統領を「革命指導者」と見て、最大のもてなしで迎えたという意味に取れた。

ろうそくと1789年のフランス大革命は似ている。市民が率先して既存の体制を打倒した。パリのバスティーユ襲撃によって触発されたフランス大革命は、絶対君主制・封建制度・身分社会のアンシャンレジーム(Ancien Regime)、すなわち古い体制を崩壊させた。2016~2017年、無能と不正腐敗に怒ったろうそくは、朴槿恵(パク・クネ)政権を追放するのに成功した。

旧勢力の除去と過去との断絶も似ている。フランス大革命は恐怖政治だった。ルイ16世をはじめ、1万人以上が粛清された。恐怖政治を主導した極左派のロベスピエールは「もし神が存在しないなら、それを発明する必要がある」として革命独裁を正当化した(アンドレ・モーロワ『フランス史』)。ろうそく革命のスローガンは積弊清算だ。既得権勢力とその反逆者に恣意的に「積弊」の張り紙をつけ、清算という道徳的審判の中に押し込む。

「ろうそくの命令」という神聖不可侵の象徴まで引き込み、法治と常識を迂回する。青瓦台(チョンワデ、大統領府)は平壌(ピョンヤン)宣言と軍事合意書の国会批准を一段飛ばしにしようと「北朝鮮は国家ではない」という奇怪な論理を動員する。建国直後の1948年に構成された「反民特別委員会」以降、70年ぶりに「特別裁判所」が蠢いている。チョ・グク民情首席民情首席は現職部長判事の過去の行跡を取り上げて公で恥をかかせ、金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は非友好的メディアに「憂国の衷情(国を憂う心)は理解するが、そろそろそのような心配はやめてはいかがか」と叱る。時に君臨しようとするのも革命の属性だ。
【中央時評】われわれは今、革命中なのか=韓国(2)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【中央時評】われわれは今、革命中なのか=韓国(1)

    2018.10.26 15:14
    뉴스 메뉴 보기
    【中央時評】ろうそく革命はフランス大革命と同じ隊列? 文大統領の歴史観
    TOP