주요 기사 바로가기

韓国人の幸福指数6.3点…30代の家長が高く60代の家長は低い

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.10.18 10:37
0
韓国人の幸福指数が平均6.3点となった。30代の点数が最も高く、60代が最も低かった。

韓国保健社会研究院は17日、「幸福指数の開発に関する研究」の報告書を通じて韓国人の幸福指数の平均点数は6.3点だと明らかにした。

この点数は主観的幸福度(6.505)より若干低く、人生の満足度(6.352)とほぼ似ており、未来の安定性(5.740)よりは高い水準であることが分かった。

報告書によると、年齢帯別では30代の幸福指数が6.56点で最も高かった。一方、60代以上は未来の安定性を除いたすべての幸福関連数値で最も点数が低かった。

20代は概して30代の次に高い点数を見せたが、未来の安定性では最も低い点数だった。

世帯の規模別では世帯員数が多いほど幸福度が高いことが分かった。1人世帯の幸福度は2人以上世帯の幸福度とはかなり差があった。

研究陣は「このような結果は社会的資本、あるいは関係的側面が幸せの水準に非常に重要な要因であることを表している」と分析した。

所得水準が低い人の幸福度点数は平均に比べて非常に低かった。

特に、失業者、月所得100万ウォン(約9万9000円)未満の低所得者、自らを低所得層だと評価する人々の平均的な幸福指数は平均に比べて大きく低かった。失業者の場合、幸福指数5.39点、主観的幸福度5.31点、人生の満足度5.12点、未来の安定性4.46点だった。

月所得が100万ウォン未満の人は幸福指数4.98点、主観的幸福度5.54点、人生の満足度4.58点、未来の安定性4.15点で平均に比べて大きく低い水準だった。

研究陣は「低所得層は主観的幸福度より人生の満足度が著しく低いことが分かるが、これは多様な要素の複合体として『主観的幸福度』より人生の満足度が生活の欠乏にもう少し直接的につながっているということを見せる結果」と説明した。また、「経済的貧困が幸せの貧困と直結すると見るわけにはいかないが、幸せの貧困を誘発する可能性が非常に高いリスク要因になり得る」と指摘した。

今回の調査は幸せの決定要因を探索するために49人の専門家調査と一般国民1000人を対象に実施され、信頼水準95%に標本誤差は±3.10%ポイントだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国人の幸福指数6.3点…30代の家長が高く60代の家長は低い

    2018.10.18 10:37
    뉴스 메뉴 보기
    出勤時間の会社員の姿(写真=中央フォト)
    TOP